人気ブログランキング |

2015年 09月 01日 ( 1 )

恵庭岳の道迷い対策

昨日恵庭岳に登っていて、たびたび道迷いを起こすという地点に進入禁止のロープが張られているのに気がついた。

2013年11月2日、この山で札幌の女性が道迷いから滑落死し、直後から関係者による対策が執られた。
それは過剰とも思われるほどのロープや赤、ピンクのテープが登山道沿いに付けられた。

だが、その後何度も恵庭岳に登っていて、ここにこそロープが必要なのではないかとブログでたびたび取り上げた場所で、やはり、下山時そこから左の小沢に迷い込む登山者が多々いることが気がかりだった。

遅きに失したきらいがない訳ではないけれど、ともあれようやく対策が執られたことを、恵庭岳が大好きな登山者の一人としては有り難いことと思う。
f0138096_11235554.jpg

ロープが張られ赤色のリボンが付けられた道迷いを起こしやすい5合目付近。ただ、保護色の細い緑色のロープが使われたことと、張られた位置が高いことが少々気にかかる。足元ばかり見ているとこのロープに気がつかず、なおかつ位置が高いので背の低い人は首に引っかかるのではないだろうか。
周りで使われているトラロープをもう少し低いところに張ってくれると良かったと思う
f0138096_1124560.jpg

赤いリボンが付いているから問題ないと思うけれど、ロープの色と張られた高さが気にかかる。右の掘れた道が正規の登山道
f0138096_1124137.jpg

4.5合目付近にも青いテープで進入禁止処置が執られていた
f0138096_11242168.jpg

左端に青いテープが張られている。この場所はそれ程必要とは思えないのだが、ここで迷った登山者がいるのだろうか
by tarumae-yama | 2015-09-01 11:46 | 北海道100名山 | Trackback | Comments(10)