人気ブログランキング |

2015年 02月 19日 ( 1 )

山専ボトルの不具合

冬山に愛用して1年経つ山専ボトル、その性能の高さに昨年12月もう1本追加購入した。
追加分はアウトドアマン(?)の息子にプレゼントするためだったのだが。

その息子に渡す前に甘酒を入れてイチャンコッペ山に持って行った。
頂上で同行者全員に紙コップに注いでご馳走したのだが、その時随分ぬるくなっていると感じた。

その後、新品の山専ボトルなのに息子もカップ麺を食べようとした時、温度が低すぎると。
おかしいと思いつつ、そのうち熱湯を注いだ直後に外側の表面が触れないほど熱くなった。

落下させた覚えはないのだが、表面に一部塗装の剥げている部分があったから、ザックの中で何か固いものとぶつかったのが原因かと思い、修理に出そうと購入先に電話した。
すると、着払いで送って欲しいと。

そんなやりとりがあって、一月少々が経った。
今日、購入先から新しい山専ボトルが送られて来た。
箱の中にメーカーの原因調査報告書が同封されていて、初期不良のため新品と交換するとあった。

溶接の不具合が原因らしいのだが、ステンレス製だけに高度な技術が求められる製品なのかも。
たまたまネットで調べると、同じような状況になった愛用者のブログを見つけた。

ともあれ、早速チェックを兼ねて明日山に持参してみようと思う。
山専ボトルの不具合_f0138096_15213954.jpg

新品交換となった山専ボトルと原因調査報告書。2月19日撮影
by tarumae-yama | 2015-02-19 15:32 | アウトドア | Comments(6)