人気ブログランキング |

2014年 10月 23日 ( 2 )

樽前山とイチャンコッペ山、10月23日-速報版-

甥達が帰京する日の夕食、街でジンギスカンを食べ過ぎた。
その後も食べ過ぎが続き、とうとう体重計は今年1番を示した。
運動不足の冬に向かうのに、さすがにこれはかなりまずいと山へ。

樽前山だけではさほどのダイエットにならないのでイチャンコッペ山へも。
樽前山の紅葉は完全に終わっていて、冬枯れに近い世界だった。
しかし、イチャンコッペ山は盛りは過ぎているものの、スタート直後の急斜面が紅葉と黄葉に彩られていてとても素晴らしかった。

とりあえず写真を6枚アップし、山報告は例によって明日以降という事で。
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_14224847.jpg

f0138096_1423565.jpg

f0138096_14231450.jpg

f0138096_14232128.jpg

上の4枚はイチャンコッペ山で撮影
f0138096_14233039.jpg

樽前山頂上から、溶岩ドームの右に羊蹄山、左にホロホロ山や徳舜瞥山が見える
f0138096_14235410.jpg

ポロピナイ近くから、正面に恵庭岳。オリンパスOM-D E-M5で撮影
by tarumae-yama | 2014-10-23 14:36 | 北海道100名山 | Comments(4)

小林峠から砥石山、10月20日

16年前に登った時は8月の上旬のことで、生い茂った樹木(の枝葉)のために眺望が得られなかった記憶は鮮明だが、花はどうだったか覚えていないほど砥石山の印象は薄い。

だが今回は、落ち葉がカサカサと耳に心地良く、登山道はオレンジや黄色に色づいた(樹木の)葉に包まれ、花こそないものの中々贅沢な雰囲気にこの山を見直した。
風が吹くと3枚、5枚ひらひらと舞うけれど、それがまた晩秋の風情らしくて良かった。

誰かに会うような気配もなく、この時期平日の砥石山は、札幌市内の山とは思えないほど静かで穏やか。
中ノ沢コースと合流した先では3,4組の登山者と一緒になったけれど、それはそれでまた嬉しく、どこか安堵する気持ちもあった。

山行記録
登山口09:45→三角山11:08~11:14→砥石山頂上11:38~11:48(昼食)→三角山12:05→登山口13:15
休憩を含め登りに1時間53分、下りに1時間27分 往復の距離10.4km
f0138096_2023166.jpg

気持ちの良い登山道。青空なら黄葉がキラキラと輝いて見えただろう
f0138096_2024013.jpg

しっとりした雰囲気
f0138096_2024884.jpg

スタート直後の急な斜面を登って振り向くと、藻岩山へ繋がる小山が見える
f0138096_2025517.jpg

三角山の手前で、先頭を行くのはノマドのガイドのSさん
f0138096_203473.jpg

f0138096_2031273.jpg

f0138096_2031925.jpg

行者ニンニクだと思う
f0138096_2033121.jpg

f0138096_2033864.jpg

f0138096_2034575.jpg

オオウバユリ
f0138096_2035384.jpg

砥石山頂上
f0138096_2035969.jpg

頂上から、奥に定山渓天狗岳、烏帽子岳、神威岳などが見える
f0138096_204772.jpg

同上、手稲山をアップで。 カメラはソニーRX100を使用
by tarumae-yama | 2014-10-23 05:14 | 登山 | Comments(2)