人気ブログランキング |

2014年 05月 19日 ( 1 )

稀府岳、5月18日

延び延びになっていたN君との伊達紋別岳がやっと実現した。
二人で登る予定だったが、スズさんから前日電話があり、予報が良くないので上ホロを止めて我々と一緒したいと。
そんな訳でN君とスズさんは初対面だが、3名で伊達紋別岳に登ることになった。
その前に、二人とも登ったことがないと言う稀府岳を加えることに。

N君とは3月2日の漁岳以来、スズさんとは何と昨年9月の十勝岳以来の登山である。

出だしこそフキの葉が少し登山道に被さっていたけれど、稜線に出ると笹の影響もなく、快適な登山道で気持ちが良かった。

昨年立派な登山道が出来たおかげで、この山の知名度も上がったのか、約20名の団体さんが登って来たし、それ以外にも数組の登山者がやって来た。
昨年の晩秋に登った時は、誰にも会わず寂しい思いをしたものだが・・・。

今回の稀府岳は、登山道が頂上まで乾燥していてスパッツの必要性を感じなかった。
また、ダニを心配してチェックしたけれど、こちらも大丈夫だった。

山行記録
登山口09:01→お尻愛の木09:35→前稀府岳10:05→頂上10:20~10:39→前稀府岳10:48→登山口11:40
f0138096_0174730.jpg

登山口を出発するスズさんとN君。駐車場は3台分のスペースしかない
f0138096_0182550.jpg

左手のピークが稀府岳の頂上。二人の前に女性二人組が登っている
f0138096_0183367.jpg

頂上で一緒になった女性と記念写真。標識の右にAさん。左がこの山の登山道を開削した「だて・ビスタリー」の会員だというYさん。お二人とも地元の方
f0138096_0184370.jpg

頂上から中央に洞爺湖
f0138096_0185316.jpg

下山中の二人。海を眼下に気持ちの良い尾根歩き
f0138096_019129.jpg

ガイドを先頭にクラブツーリズムのツアー登山者約20名が登ってきた
f0138096_019824.jpg

f0138096_0191773.jpg

f0138096_0192582.jpg

f0138096_0193367.jpg

稀府岳で見た花の写真。まだ種類があったけれど・・・。カメラはオリンパスのXZ-2
by tarumae-yama | 2014-05-19 07:04 | 登山 | Trackback | Comments(6)