人気ブログランキング |

2013年 12月 21日 ( 1 )

12月20日、樽前山-ゲートから東山-

最近、私のブログの検索キーワードに樽前山がちょくちょく登場する。
樽前山のことならリンクを張ってある「樽前山の四季」を参考にしてもらうのが一番新鮮だと思っているのだが、管理人のKさんに何かあったのだろうか、10月31日以降更新されていない。全く珍しいことだ。

tarumae-yamaとしてもこの冬まだ樽前山に登っていないこともあり、出かけることに。
今回は最初から歩くスキーを使うことに決めていた。長い林道歩きの時間短縮のために。
ザックに10本爪のアイゼンとワカンを入れ、両サイドには片方ずつ登山靴をぶら下げた。

ゲート前に到着したとき、室蘭ナンバーのキャンピングカーが停まっていたが、私が先行する形となった。
残念ながら、私が西山に向かっている間にこのキャンピングカーの持ち主さんは下山したようで、お話しをする機会がなかった。

ヒュッテに到着後、登山靴に履き替え、アイゼンを装着した。
吹きだまった夏道を通り、森林限界点からもう少し高度を上げ、木段の途中から登山道を外れ斜面を直登。
この時期としては雪が少なく、高山植物が隠れている部分を繋いで東山頂上に立った。
尻滑りはところどころで楽しめるとは思うものの、頂上からのスキーはもうすこし積雪が増えなければ厳しそうだ。
ただ、斜面の状態は殆どフラットで歩きやすかった。氷結もきつくなくて、アイゼンの爪もストックの先もしっかり刺さるので不安は全く感じなかった。

ヒュッテを出るときは-5度という低温だったけれど、想定外に風が弱く汗ばむほどだった。

なお、ヒュッテ管理人さんの話では、林道に熊の足跡が2カ所あり、まだ冬眠していないとのことなので、樽前山を目指すなら熊鈴を付けて登った方がよろしいかと。

山行記録
ゲート前09:14→5合目ゲート09:59→7合目ヒュッテ10:42~11:05(アイゼン装着)→東山頂上11:55~11:58→西山頂上12:36~12:43→7合目ヒュッテ13:38~14:06(昼食)→5合目ゲート14:18→ゲート前14:46
f0138096_2058549.jpg

ゲートに歩くスキー。ヒュッテ管理人さんの車の前に私より先着のキャンピングカー
f0138096_20581447.jpg

5合目ゲート前より苫小牧方面。ゲートが閉まっているので真っ白なはずが車輪の跡が多数。ヒュッテ管理人さんの話では、鹿目的のハンターのRV車とのこと。登山者が流れ弾に当たらないか心配だと
f0138096_20582197.jpg

5合目ゲート前から7合目方面を写す。積雪は15cmほど。ここから先のトレースは管理人さんのスノーモービルのもの
f0138096_20582887.jpg

ゲートから1時間半ほどで7合目ヒュッテに到着。ここでも積雪はせいぜい20cm
f0138096_20583997.jpg

アイゼンを装着しているときに管理人のOさんが出て来た。持参した自家製の干し柿を上げたところ、大好物だと言うので、干し柿を手に記念写真を撮らせていただく
f0138096_20584739.jpg

森林限界点付近から東山頂上部。例年より斜面の雪が少ない
f0138096_20585836.jpg

絹層雲に日暈が出ている
f0138096_2059817.jpg

登山道の柵も殆ど露出している。左に風不死岳
f0138096_20591619.jpg

登山道から外れ、斜面を直登。階段の柵が見える
f0138096_20592439.jpg

右に見える柵が小さくなった。支笏湖と中央に紋別岳
f0138096_20593148.jpg

斜面の傾斜が急になって小さくジグを切りながら
f0138096_20593927.jpg

頂上直下から、目の前に頂上標識が現れてきた
f0138096_20594867.jpg

東山頂上から。左に溶岩ドーム、中央奥に羊蹄山が見える
f0138096_20595721.jpg

溶岩ドームと左に西山
f0138096_210792.jpg

東山頂上から、風不死岳の奥に重なって恵庭岳の頂上岩塔が見える。カメラはリコーGRDigitalⅡ
by tarumae-yama | 2013-12-21 07:08 | 北海道100名山 | Comments(4)