人気ブログランキング |

2013年 07月 19日 ( 2 )

7月19日、ヨッシーさん達と樽前山

2週間道内の山を巡っていた山梨のヨッシーさん達が今夜のフェリーに乗るとのことで、昼頃から樽前山をご案内した。
トムラウシ山でかなり疲労したらしく、恵庭岳を止めて樽前山の外輪山をゆっくり一周。

タルマエソウは丁度満開だったが、場所によってはピークを過ぎていた株もあった。
また、イワキキョウがあちこちで咲きだし、コケモモは真っ赤に色づいて、樽前山は少しずつ秋の気配。

とりあえず、写真を5枚アップし、残りは明日の予定。
写真の上でクリックすると大きくなります。
7月19日、ヨッシーさん達と樽前山_f0138096_187487.jpg

頂上で三脚を出し記念写真の用意をするヨッシーさんと左にUさん
7月19日、ヨッシーさん達と樽前山_f0138096_1875869.jpg

イワキキョウを前景に樽前山溶岩ドーム。海上からガスが侵入してきている
7月19日、ヨッシーさん達と樽前山_f0138096_188731.jpg

同上。花はタルマエソウ(イワブクロ)
7月19日、ヨッシーさん達と樽前山_f0138096_1881673.jpg

シラタマノキの群生
7月19日、ヨッシーさん達と樽前山_f0138096_1882868.jpg

真っ赤な実を付けたコケモモ。 全てリコーGR DIGITAL IIで撮影
by tarumae-yama | 2013-07-19 18:16 | 北海道100名山 | Comments(2)

リコーGR DIGITAL II

先日富良野岳の記事の中で少々触れたが、山の知人からリコーGR DIGITAL(II)を激安で入手した。
R1からGX200まで長年リコーのコンデジを愛用していたものの、GR DIGITALは単焦点レンズという、ただその1点だけでずっと敬遠していたのだから、自分としては一寸不可思議。

名機と言われているGR DIGITALは、2年ごとにモデルチェンジをして今はGR DIGITAL IVになっている(厳密には、GR DIGITAL Vと言うべきAPS-Cサイズの素子を使ったRICOH GRが4月に発売された)。

何れにしても、2005年に発売された(初代)GR DIGITALは、当時のカメラ好きには衝撃的だった気がする。
事実、国内に限らず海外でも受賞するほどの名機だった。
そして、私が入手したGR DIGITAL IIも グッドデザイン賞を受けるほど評価された。
実は、GR DIGITAL IVの値下がりを待ってそのうち購入しようと密かに考えてはいた。
それが、思わぬきっかけでGR DIGITAL IIが手に入った。

さすがに発売されて6年近く経つから、今どきの普及タイプのコンデジと比べてもAFが遅いし液晶画面も小さい。比較的明るいレンズとはいえ手ぶれ補正機能も付いていない(GR DIGITAL IVにはある)。

あれこれ不満点はあるものの、それらを無視出来るほどGRレンズの描写力は素晴らしいし、何より右手一つで全ての操作ができるくらい取り回しがよく考えられている。
この点は、OM-DやTG-620も使っているけれど、そのO社とは雲泥の差があると思う。

まああれこれ書いたものの、問題はこのカメラに負けぬよう感性を研き腕を上げる事だが、これが一番難しい!
リコーGR DIGITAL II_f0138096_17141685.jpg

発売当初は7万円を超えていたというGR DIGITAL IIを知人から激安で譲ってもらった。当然中古だが使用感が殆どないほど美しい
リコーGR DIGITAL II_f0138096_17142847.jpg

限定8000部、定価6800円という豪華ガイド本も付けてくれた
リコーGR DIGITAL II_f0138096_17144349.jpg

ガイドブックの内容
by tarumae-yama | 2013-07-19 06:58 | 写真 | Comments(2)