人気ブログランキング |

2013年 06月 30日 ( 2 )

6月29日、恵庭岳

天気が悪く3度も延期したYさんとの恵庭岳は、例年6月中旬に行っている体力測定登山を兼ねる形になった。
昨年より体重が3kgも増えている上に、ザックも多めの飲料水等で昨年より重い。カメラも小型軽量とは言えニコン1J2とキャノンS110の2台持参。

そこそこ写真を撮りながら、また思いがけない人との立ち話があったのにもかかわらず、第2見晴台まで1時間57分。
昨年より19分遅かったけれど、記録を意識しなかった割りにはまあ順調だったと思う。

約束の時間よりかなり早く到着したので、登山者名簿に記入しながら今日の分の名簿を何気なく見ていると、最初の登山者は、先日紹介した恵庭岳登山回数287回の男性だった。
日の出より早い3時50分にスタートし、6時18分に下山とあった。
今月は3度目の恵庭岳のようだが、何れも早朝に登って2時間半ほどで下山している様子。
私と年齢的にそう違わないと思うのだが、もしこの時間で第2見晴台まで往復しているとするなら、本当に凄い体力の持ち主だ。
私のペースなら、第1見晴台までのピストンがやっとだろう。

8時37分に登山口をスタートし、20分ほど歩いた3合目近くで早々と下山者とスライド。
顔を見て驚いた。
昨年まで何度か一緒に歩き、ブログ相互リンクのぴよしろうさんだった。
聞くと、今回も仰天の山歩き。
すでにイチャンコッペ山を登り、恵庭岳の後紋別岳、風不死岳に樽前山を登るとのこと。
車で移動なら私にも不可能ではないかも知れないが、これらの登山口まで走って行くそうだ。

Yさんと一緒の写真を撮ったけれど、ブログに載せるときはボカして欲しいとメールが来たので、知人の顔に手を加えるのは失礼と思い、写真そのもののアップを取りやめた。
顔がスッキリ、身体も引き締まって何とも羨ましいスタイルになっていた。

そんな驚きの出会いがあって、1時間半ほどで第1見晴台到着。
振り返ると支笏ブルーの支笏湖が見えるはずなのだが、雲海の下で全く見えず。遠くに紋別岳のアンテナが僅かに雲の上から顔をのぞかせていた。

そこから第2見晴台まで29分。
ここでも支笏湖は雲海に隠されていたままだった。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_1427445.jpg

右のお二人は我々より少し前にスタート、左のご夫婦は下山中で、お互い知人同士の様子。そこを撮らせていただいた。左の男性Yさんから、以前イチャンコッペ山か何処かで私に会っていると言われたのだが思い出せず。後ほど上で右の男性から、(左の男性は)道南の町の町長さんだった方と知らされた
f0138096_14272113.jpg

第1見晴台にて。雲海のため支笏湖が見えず。遠くに紋別岳のアンテナが僅かに見える。写っている男性は同じ千歳在住とか。トレーニングのために25kgものザックを担いで登っているそうだ
f0138096_14273193.jpg

雲海が消えて支笏湖が見える。下山時第1見晴台にて
f0138096_14274174.jpg

第2見晴台で山ガール(左Sさん、右Tさん)が我々を迎えてくれた。支笏湖はまだ雲海の下
f0138096_14275328.jpg

オコタンペ湖も雲海の下
f0138096_1428287.jpg

f0138096_14281357.jpg

支笏湖の雲が切れだした
f0138096_14282268.jpg

オコタンペ湖の雲も消えだした
f0138096_14283662.jpg

1枚目の先行のお二人がジンギスカン鍋?で昼食中
f0138096_14284529.jpg

f0138096_14285348.jpg

f0138096_1429418.jpg

f0138096_14291379.jpg

下山専用のロープ場
f0138096_14292277.jpg

サンカヨウを撮影中のYさん
f0138096_14293059.jpg

イワブクロウが咲きだそうとしている
f0138096_14294237.jpg

サンカヨウ
f0138096_14295147.jpg

ミヤマオダマキ
by tarumae-yama | 2013-06-30 14:49 | 北海道100名山 | Comments(8)

ダニ対策

ブログに載っていない北海道100名山の再登で、今年楽古岳や神威岳を考えているのだが、最大の不安がダニ。
南日高の山は特に多いのか、10年前の楽古岳では、同行者と休憩する度にダニを払い落としながら登った記憶が鮮明だ。

ダニにはキンチョールが有効と聞いたが、殺虫剤を身体に吹きかけるのは健康の面でどうなのだろう?
ダニだけに効いて人間には全く無害という事はないだろうから、私は使いたくない。

そんな中、愛犬を散歩に連れて行くとき、「スチックゼノールA」をダニ防止に使っている、と友人から聞いた。

ネットで調べると、この塗り薬は通常、打撲、捻挫、筋肉痛、関節痛、虫さされによる痛みの治療に用いられる、とある。
そうであるなら、登山の携行薬品に欠かせない一品、そのうえ、ダニが寄って来ないなら一石二鳥だろう。

早速、高血圧のため定期的に通っている医院に行ってお願いすると、「ダニ防止では出せないが、(登山に行って)筋肉痛という事なら。」と言うことで処方箋を書いてもらい、無事?3本入手出来た。

もしダニに効かなくても、筋肉痛や虫刺されに使えるから、むダニはならないだろう(^^;)
f0138096_17455088.jpg

ダニがいるという樽前山で近々試して見ようと思う
by tarumae-yama | 2013-06-30 00:02 | アウトドア | Comments(6)