人気ブログランキング |

2013年 06月 24日 ( 1 )

6月23日、恵庭岳-その1-

家内が車を使いたいと言うことで、電動アシスト自転車「ハリヤ」で出かけた恵庭岳。
自宅から31km先の登山口まで1時間35分で到着。
そこで驚きの光景、駐車場から溢れた車が路肩に10台ほど、こんなに混雑した恵庭岳は見た事がない。

「ハリヤ」の電動アシストをもってしても、登山口までにかなり体力を使ったようで、歩き出すとザックの重さが酷く堪える。

ロープ場の下で両足が痙りそうになり、久しぶりにツムラ68を飲んで大休止。
そこへやって来た高校ワンゲル部の先生と、「以前攣る部員がいた」との話にツムラ68を2袋提供したが、果たして生徒にも有効であれば良いが。

その後攣ることはなかったものの、途中休憩もあり、第1見晴台まで何時もは1時間半あれば余裕なのに、今回はたっぷり2時間かかった。
そこで、第2見晴台から降りてきていたN君と合流。
彼は、もう一度私につきあって登ってくれた。

羊蹄山は中腹から上は雲の中だったけれど、オコタンペ湖はコバルトブルーが今回も美しく、小漁山に残る雪の白さとのコントラストが目に染みた。
6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_1273444.jpg

車を停めて風景を楽しむこのような観光客があちこちに
6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_1274354.jpg

恵庭岳の駐車場に入りきれないため路肩に停めた車列
6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_1275592.jpg

ロープ場の近くで下山中のご夫婦Iさん。初めての恵庭岳らしい。奥さんの首にキャノン60D
6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_128654.jpg

この日N君が恵庭岳に登ることを知っていたので、出発前に電話すると丁度記帳してスタートするところとのこと。足の速い彼は第2見晴台で1時間過ごし、第1見晴台まで降りて私を2,30分待っていたらしい。上に写っている3名は高校ワンゲル部の顧問と部員
6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_1281855.jpg

第1見晴台から支笏湖と左手に紋別岳
6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_13463568.jpg

同上、噴煙の奥に頂上の岩塔
6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_1282846.jpg

第2見晴台の賑わい。旭川からやって来た24名?の団体さんらしい
6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_1283953.jpg

オコタンペ湖と奥に小漁山
6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_128492.jpg

イワウメを前景にオコタンペ湖
6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_1285856.jpg

6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_129982.jpg

下山者と挨拶を交わすN君
6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_1291855.jpg

6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_1292999.jpg

昼食を準備中の道央の高校ワンゲル部。顧問と部員2名
6月23日、恵庭岳-その1-_f0138096_1294018.jpg

手を振る二人組。女性は私のブログの読者だった。明日記事にするが、男性からは、警察に届けたデジカメのお礼の電話が
by tarumae-yama | 2013-06-24 13:07 | 北海道100名山 | Comments(6)