人気ブログランキング |

2012年 06月 30日 ( 1 )

6月26日、境山-上ホロカメットク山避難小屋~富良野岳~十勝岳温泉編-

長男と同じ歳のミューラーさん、さすがに体力旺盛な30代の若さゆえ自分から休もうとは言わなかったのだが、やはり疲れが出て来たようで、最後のハイマツ漕ぎを終えたときに避難小屋で休みましょうと。

小屋ではお湯を沸かしてコーヒーを飲んだり、直後に十勝岳から来た男性二人組とお話しをしたりで彼はすっかりくつろぎモードに入った。

で、上富良野岳からまっすぐ登山口に下りるか富良野岳まで行くか意向を聞いたところ、どっちでも良いとの返事。

時間的にまだ余裕があり、富良野岳は花の100名山で今は色々と咲き乱れているだろうし、これ以上望みようのない天気と眺望、そして彼は富良野岳は初めてだと言うのだから行かない手はない。

私自身は左足の太ももにずっと違和感があり、何時痙攣が起こってもおかしくない状態だったが、まあこれから先はしっかりした登山道だから何とかなるだろう。

と言う訳で、目の前にそびえるように立つ上ホロカメットク山を経由して富良野岳に向かった。
次々と現れる花々に慰められ、2時間半から3時間かかるだろうかと考えていた富良野岳まで2時間で到着。意外に思うほど順調だった。
もっとも、さすがのミューラーさんも肩で息をしている状態だったが。

富良野岳から十勝岳温泉まで2,3回の休憩で2時間かからずに下山したから、境山へハイマツ漕ぎでピストンし、体力を消耗した割にはこれまた順調だったと思う。

ともあれ、何時までも心に残るような最高の天気と眺望と花に恵まれ、11時間を超える試練の山歩きだったが、我々は十二分に報われた。

次回は富良野岳の花をメインにこのシリーズ?を終えたい。
f0138096_16165820.jpg

そびえ立つ上ホロカメットク山と奥に富良野岳
f0138096_16171050.jpg

振り返ると避難小屋と奥に十勝岳
f0138096_16172038.jpg

上ホロカメットク山の斜面にイワウメの群生
f0138096_16173157.jpg

2度目の上富良野岳分岐。右奥に十勝岳
f0138096_16174487.jpg

チングルマの群生と前を歩くミューラーさん
f0138096_16175520.jpg

上富良野岳や十勝岳は大分遠くなった
f0138096_161868.jpg

三峰山の頂上で、十勝から来たという人に撮ってもらう
f0138096_16181773.jpg

チングルマやツガザクラが咲く登山道と奥に富良野岳
f0138096_16182926.jpg

富良野岳の斜面に満開のエゾハクサンイチゲ
f0138096_1618501.jpg

同上
f0138096_16183999.jpg

富良野岳頂上のミューラーさん、さすがにお疲れの様子
f0138096_1619152.jpg

キャンピングカーで福岡からはるばるやって来たというHご夫妻を。1,2ヶ月滞在するそうだ
f0138096_16191138.jpg

f0138096_16192258.jpg

f0138096_16193354.jpg

f0138096_16194396.jpg

上4枚は富良野岳斜面のお花畑
f0138096_16195257.jpg

十勝岳安政火口方面。 全て6月26日撮影。写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2012-06-30 16:41 | Trackback | Comments(6)