人気ブログランキング |

2012年 04月 03日 ( 1 )

4月2日、風不死岳-北尾根-

翌日から数日悪天が続くという週間予報に、北尾根から風不死岳に登ってきた。
昨年10月29日以来半年ぶりの風不死岳北尾根。

この時期の装備は判断が難しく、昨年は長靴で埋まりまくり途中で引き返したのを教訓に、今回はワカンにストック、ザックには念のため12本爪のアイゼンとピッケルを入れた。

今年は積雪がたっぷりだから、登山口の駐車場まで車を入れる事が出来ず路肩駐車。
雪が溶けるまで殆ど登山者はいないものと思っていたが、週末にツアーでも入ったのか沢山のスノーシューの跡、スキーのトレースまであったのには驚いた。
この北尾根は狭い上に傾斜が急で、なおかつ木が密生しているからとてもスキーには適していないと思うのだが、凄い人がいるものだ。

同時スタートの登山者がいて、お話しでは、何とこの北尾根の登山道を造ったと言う。
難易度が高い大沢のエスケープルートになるよう、国の許可を得ての作業だったと。
私と同じ歳とのこと、今は環境省の委託を受けてパトロールなどをしているらしい。
とても健脚で、登りで私が先行したのは10%あるかないかの殆どトレース泥棒だった。

雪の状況はワカンでも殆ど埋まることはなかったものの、8合目からスリップしやすくなり、アイゼンに履き替えた方が結果的に安心で速かったかも知れない。
頂上に近づくと先日の漁岳に近い強風で、4月とは思えない真冬並みの体感温度となった。

山行記録
登山ポスト10:15→風不死岳頂上12:05~12:12→登山ポスト12:58
休憩を含め登りに1時間50分。下りに46分
4月2日、風不死岳-北尾根-_f0138096_13582454.jpg

出発準備の先行者。雪のため登山道の入り口に路上駐車
4月2日、風不死岳-北尾根-_f0138096_13583833.jpg

登山ポストの扉近くまでの積雪。今年は雪解けが遅い
4月2日、風不死岳-北尾根-_f0138096_1358475.jpg

途中で追いついてお話しをする。腕に指導員の腕章。写真はOKだったが名前は教えてもらえず
4月2日、風不死岳-北尾根-_f0138096_13585692.jpg

傾斜があるように見えないが、ワカンでギリギリ
4月2日、風不死岳-北尾根-_f0138096_13591070.jpg

ロープ場の急斜面を行く指導員さん
4月2日、風不死岳-北尾根-_f0138096_13592020.jpg

頂上からすぐUターンしてきた指導員さん。左に樽前山
4月2日、風不死岳-北尾根-_f0138096_1359311.jpg

雪庇の上を下山する指導員さん
4月2日、風不死岳-北尾根-_f0138096_13594150.jpg

頂上標識が顔を出しているが、ぴっくりするくらい雪が多い
4月2日、風不死岳-北尾根-_f0138096_1402034.jpg

強風のため雪庇の上を雪が飛ぶ
4月2日、風不死岳-北尾根-_f0138096_1403265.jpg

時々雪の状況だったが、やっと晴れ間が広がってきて。正面に恵庭岳
4月2日、風不死岳-北尾根-_f0138096_1404985.jpg

GPSの軌跡。写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2012-04-03 14:17 | 北海道100名山 | Comments(5)