人気ブログランキング |

2012年 02月 18日 ( 1 )

マツダCX-5

16日の夜、WBS(TV番組)でマツダのSUVであるディーゼルエンジン搭載のCX-5が取り上げられた。
17日から開催された札幌モーターショウ2012でも注目の1台らしい。

すっかり見かけなくなったディーゼル車だが、最近パジェロやエクストレイルでまたディーゼル車を選択できるようになった。
ただ、ガソリン車より価格差が大きく、燃費が良くて軽油が安いと言っても、平均的な走行距離では10年乗ってもその差を埋めることはできない。
昔はガソリンとディーゼルエンジン車の価格差は殆どない上に、軽油は1リットル20円ほど安かったから、騒音が大きく黒煙をモクモクとはき出してもディーゼル車に乗る経済的なメリットは大きかった。

今回、マツダからディーゼルエンジン車を発売するのは7年ぶりとのこと。
そのCX-5が16日に発売されたので、(ブログのネタに)早速家内と販売店へ。
で、愛車のエクストレイルと比べ、内外とも全てに洗練されていると感じ大変気に入った。
価格はガソリン車と比べ38万円ほど高いが、三菱や日産より差がない。
稚内で単身赴任生活を送っていたときは年間3万kmくらい走行していたから、その時にCX-5が発売されていたなら躊躇なく選択したと思う。

ただ38万円差をちょっと試算してみたが、やはり経済的メリットは見いだせないかも。

CX-5 ガソリン仕様4WD 241万円 燃費 JC08モードで15.6km/L ガソリン139円/L
      ディーゼル仕様4WD 279万円 燃費 JC08モードで18.0km/L  軽油124円/L

毎年2万km走る場合 ガソリン車で年間約17.8万円の燃料費、ディーゼル車約14.3万円。差額3.5万円ほど。
なので、ディーゼル車を乗っていても10年間では追いつかない。
4万km走る車で5年以上乗るならメリットが出てくるかも知れないが、営業車でない限りこれだけ走る人は殆どいないと思う。
まあ、ガソリン価格が今よりドンドン値上がりするなら、これほど年数はかからないけれど。

因みに、日産のセールスマンの話では、エクストレイルのディーゼル仕様車の比率は1割で圧倒的にガソリン車が売れているとのことだが、マツダでは逆に注文の8割がディーゼル車と聞いた。

エクストレイルばかり4台続けて乗っていると、さすがに飽きてきた気がする。
次取り替えることがあるとすれば、ぜひこのCX-5に乗ってみたい。
簡単に後部座席を倒せて私の身長で問題なく寝ることが出来ると分かったし。
ガソリン仕様車を選ぶかも知れないが・・・・。
マツダCX-5_f0138096_2322975.jpg

マツダCX-5。ただし、ガソリン仕様車。マツダのディーラーで
マツダCX-5_f0138096_232221100.jpg

CX-5のカタログ
by tarumae-yama | 2012-02-18 08:10 | その他 | Comments(14)