人気ブログランキング |

2011年 01月 25日 ( 1 )

ベルリン・フィルのジルヴェスターコンサート2010

先日(22日)、何気なくTVの電源を入れるとタイトルのコンサートが放送されるところだった。
曲が流れるとたちまち引き込まれた。
さすがに人気も実力も世界でトップのオーケストラ、出てくる音がまるで違うと感じた。
TVのスピーカーでは物足りなくてステレオに繋いだのだが、何と5.1チャンネルで放送されているらしい。すごい時代になったものだと思う。

指揮者は、ベネズエラのグスターボ・ドゥダメル。そしてコンサートマスターは、以前記事にした樫本大進氏。安永徹氏に続いての素晴らしい快挙だ。
この超一流のオケには、他に第1ヴァイオリンの町田琴和氏や清水直子氏も活躍中で、特に清水氏は、「ウィキペディア」によると、「ベルリン・フィルハーモニーにおいて弦楽器の首席奏者に女性が選ばれることは異例とされる。」のだそう。

ビゼーやファリャなどのポピュラーな曲が多くてアッという間の一時間半であったが、明日26日で30歳になるドゥダメル氏に代わって西本智実氏の指揮でこのベルリン・フィルを聴いてみたいと心から思った。
そんな夢のような組み合わせがこの5年くらいの間に実現しないものだろうか。

なお、このコンサートの再放送が2月7日午前0時40分からNHKBS2であるとのことだから、興味がある方は視聴していただきたい。
ベルリン・フィルのジルヴェスターコンサート2010_f0138096_13323672.jpg

ジルヴェスターコンサート2010での演奏をTV画面撮影、指揮者の左で背中を見せているのがコンサートマスターの樫本大進氏
ベルリン・フィルのジルヴェスターコンサート2010_f0138096_13324772.jpg

左下の弦楽奏者の左耳にあるものはイヤリング?補聴器?それとも??
by tarumae-yama | 2011-01-25 13:48 | 音楽 | Comments(2)