人気ブログランキング |

2010年 11月 13日 ( 1 )

11月13日、風不死岳(北尾根ピストン)と樽前山

数日ぶりの晴れ予報、明日からまた数日悪天ということでタイトルの山を登ってきた。

この時期の風不死岳北尾根コースはすっかり落葉しているから、振り向けば樹木の間から支笏湖や対岸の山々が綺麗に望める。
5合目付近で下山してきたソロの男性は、風通しの良い場所では雪がカリカリになっていてアイゼンの必要を感じたと言っていたが、今日の私はスパイク付きの長靴で万全。
MSR製スノーシューも用意はしてきたが、登山口の状態から不要と判断し車に置いてきた。

8合目付近から雪があったものの、頂上まで積雪はせいぜい2,3cmといったところだから、気をつけて登ればそれほど不安には感じない。

頂上に到着すると、樽前山の7合目からやって来た先行者が4名。
お話をするとリーダー?は「サラリーマン北海道山遊記」という有名なHPの管理人さんであるカントリーマンさんだった。
以前HYMLにも入っていたそうだ。

話をしているうちに8合目の先で追い越したパーティも到着したので皆さんの記念写真を撮らせて頂いた。載せることはOKとのことでアップしたがついでに私のブログも図々しくPRした。

カントリーマンさんたちは樽前山東山へ向かい、私は登ってきた北尾根を下山し、その後車で樽前山の7合目の駐車場に移動。
そこから風不死岳コースで樽前山の東山ピークを経由して登山口に戻った。

思いの外雲が広がったもののこの時期としては暖かく、風も殆どなかったので気持ち良い山歩きを楽しむことが出来た。

山行記録
風不死岳北尾根コース登山口09:42→5合目10:10→8合目10:44→頂上11:12~11:32→登山口12:13分
休憩を含め登りに1時間30分、下りに41分
樽前山の記録と写真は明日アップの予定。
f0138096_16425395.jpg

風不死岳北尾根コースの登山口、雪が全くなかったのでスノーシューを置いていくことに
f0138096_1643957.jpg

8合目付近から雪が現れる
f0138096_16432885.jpg

その先に4人パーティ、北大に勤務?する仲間とか、アイゼンを装着していた
f0138096_16434733.jpg

樹氷と中央に恵庭岳
f0138096_1644294.jpg

樹氷と中央にイチャンコッペ山
f0138096_1644163.jpg

風不死岳頂上直下から支笏湖を望む
f0138096_16443110.jpg

頂上から樽前山とその奥に太平洋
f0138096_16444570.jpg

頂上でカントリーマンさんたち一行と北大のメンバー
f0138096_1645555.jpg

明日アップする予定の樽前山、頂上からドームと左に西山ピーク、手前のロープが氷結している
by tarumae-yama | 2010-11-13 17:01 | 登山 | Comments(10)