人気ブログランキング |

2008年 09月 08日 ( 1 )

9月5日、黄葉のトムラウシ山

 4日の赤岳と白雲岳登頂後、士幌温泉「緑風」で汗を流し鹿追町の道の駅で車中泊した。
 この日の夜、苫小牧港から鹿追町まで車を飛ばしてきた名古屋のOさんとは5日の朝3時に1年ぶりの再会の挨拶であった。

 慌ただしく出発の用意をして私の車でトムラウシ山の登山口に向かった。
 家内を車内に残し、5時15分、快晴の下元気良くOさんが先頭で飛び出した。

  過去2回の登山道は泥んこ状態だったから2人ともコマドリ沢を通過するまで長靴を使ったが、前日の雨のせいもあり、これは正解だった。

 それにしても頂上まで約9.5km、辛い辛い登りであった。特に頂上直下の分岐からの30分は鉛のように足が重かった。
 頂上には4時間39分後の9時54分に到着。3人の先行者がいたが、我々の後からも数名が登ってきてそれぞれ大パノラマを前に嬉しそうな表情。
 
 ニペソツ山や石狩岳、音更山、大雪の山並み、十勝連峰等がくっきりと手に取るような近さで望める。これ以上ないという視界の良さに登りの辛さがすっかり癒された感じ。

 昼食をとってほぼ1時間の滞在後、10時50分に下山を開始。
 途中ですでに7時間以上登っている70代の男性とすれ違った(登りで追い越している)が、ヘッドライトでの下山を覚悟しているとのこと。
 また、関東からバイクで来たという20代?の男性は、とても日没までに戻れそうもないペースと時刻なのに、水が残り少なくヘッドライトも持っていないという無謀さ、Oさんともども唖然となった。

 そのような出来事等があって14時50分、丁度4時間で家内の待つ登山口に戻った。

 温泉を楽しんだ後、戻った道の駅で、明日は利尻山というOさんは稚内に向かい、我々はもう一晩ここで車中泊とした。
 
9月5日、黄葉のトムラウシ山_f0138096_1535097.jpg

           カムイ天上の先を長靴で歩くOさん、正面に十勝の山並み
 
9月5日、黄葉のトムラウシ山_f0138096_154717.jpg

                登山靴に履き替えコマドリ沢のお花畑を進むOさん
 
9月5日、黄葉のトムラウシ山_f0138096_1542323.jpg

                  コマクサが咲き残っていた
 
9月5日、黄葉のトムラウシ山_f0138096_1555580.jpg

      急な岩場を登り終え休憩中のOさんと登山者、正面にトムラウシ山の頂上
 
9月5日、黄葉のトムラウシ山_f0138096_1562881.jpg

                     中央にニペソツ山
 
9月5日、黄葉のトムラウシ山_f0138096_1564499.jpg

                     眼下にトムラウシ公園
 
9月5日、黄葉のトムラウシ山_f0138096_1572472.jpg

             岩峰と正面に頂上、ナナカマドの実が色づいてきた
 
9月5日、黄葉のトムラウシ山_f0138096_1574622.jpg

                     正面に十勝連峰
 
9月5日、黄葉のトムラウシ山_f0138096_158196.jpg

                      同上
 
9月5日、黄葉のトムラウシ山_f0138096_1584041.jpg

                    頂上の岩の上に立つ登山者
 
9月5日、黄葉のトムラウシ山_f0138096_1585514.jpg

                ヘロヘロになって頂上に立ったさえない表情の私
 
9月5日、黄葉のトムラウシ山_f0138096_1593219.jpg

                    正面にニペソツ山を見ながら下山中のOさん

 
by tarumae-yama | 2008-09-08 15:31 | 日本100名山 | Comments(2)