人気ブログランキング |

2008年 06月 04日 ( 1 )

6月4日、常念岳

 今日は常念岳に登った。
 千歳を出るときには予定をしていなかったのだが、瑞牆山で会ったMさんにおだてられ?、その気になった山である。
 名古屋のアヒル山歩隊副隊長のOさんから、前日、携帯電話であれこれアドバイスを頂いていたから、思いの外短時間で登ることが出来た。

 しかし、高度差が1600m、標高2800mを超える山だから一番難しい山になると思った。
 1800m辺りで生々しい雪崩の跡があって大量の倒木と雪が登山道を塞いでいた。
 1900m辺りからは残雪がたっぷりで、大きな雪渓も現れた。
 頂上までまだ1000mもあるのに、簡易アイゼンだけでどうなるのかと思った。

 雪渓歩きで、途中から傾斜がきつくなり、安全のためアイゼンを出そうとしたとき、右側斜面に夏道が見えた。
 結果的にはアイゼンを使わず、枝をつかみながらキックステップだけで稜線に出た。
 下りの雪渓は、雪がかなりゆるんで来たのでポールとグリセードで下りた。

 稜線の直下から青空が広がったので北アルプスの山の雄大な連なりを期待したのだが、ガスが湧いてきて、一時間以上無人の頂上で粘ったのにもかかわらず、今回は残念な結果であった。

 山行記録
 一ノ沢登山口05:50→常念乗越08:25~08:30→常念岳頂上09:19~10:36→常念乗越11:03~11:10→一ノ沢登山口12:57
 休憩を含め、登りに3時間29分、下りに2時間21分
 
6月4日、常念岳_f0138096_1741651.jpg

                 1800m辺りで見た雪崩の跡
 
6月4日、常念岳_f0138096_1751690.jpg

                      雪渓と目印のポール
 
6月4日、常念岳_f0138096_1764152.jpg
  
                 雲の上に出ると頂上部が見えてきた
 
6月4日、常念岳_f0138096_1774773.jpg

                       頂上直下からの眺望
 
6月4日、常念岳_f0138096_15221025.jpg

                        登頂の証拠?写真
 
6月4日、常念岳_f0138096_1794833.jpg

                 下山時、雪渓上でビクトリアスポーツのパーティと出会った
by tarumae-yama | 2008-06-04 17:14 | 日本100名山 | Comments(2)