人気ブログランキング |

2007年 12月 29日 ( 1 )

ドリーム8(エイト)

 灯油のボイラーから給湯暖房一体型電気温水器に更新して2週間がたった。
 今まで従量式1本であった電気料金が、暖房用には融雪用電力が、温水器や深夜にはドリーム8と言う電力が適用されることになった。
 このドリーム8というシステムは、昼間と深夜の電気料が4倍も違うと言うから驚く。
 
 北電の料金メニューを見ると、いろいろなシステム(コース?)や割引・割増があって、まるで携帯電話料金のように複雑だ。
 電化によって一月の電気料金がどの位になるのか?どのような使い方が経済的になるのか?なかなか理解しにくい。
 
 この2週間、電力量メーターを横目にあれこれ試行錯誤しながら生活していた。
 その結果、推定だが、給湯については単価の安い深夜電力適用でかなり安くなりそうだ。
 暖房についても、急騰前の灯油代程度で済みそうだ。
 問題は、昼間の電気使用についてである。何しろ深夜の4倍も高いから、いかにこの時間帯の使用を工夫するかで毎月の電気代に大差がつく、と電化サービスセンターの担当者も言っていた。
 と言うわけで、今まで午前中の洗濯は午後10時からとなった。(基本的にドリーム8の深夜は23時から翌朝7時までだが、我が家は22時から6時までの8時間で契約した。)
 掃除も22時からにしてみたが、老眼の進んだ私達には小さなゴミが見えづらくなってきているから、綺麗になったのかどうなのか分からず、早々に断念した。
 しかし、良い方法が見つかった。
 充電式のコードレス掃除機なら今まで通り日中に出来るし、電池の充電を深夜にすれば同じ事ではないだろうか?
 電気ポットも、今では魔法瓶機能を強化したタイマー付きがあるそうだ。

 電化によって、確かに安心で衛生的にはなった。多分、経済的にも。
 反面、深夜電力はとても安いからと、今まで以上に夜更かしをするようになったから、当然のように朝起きができなくなった。
 
 衛生的にはなったがとても健康的な生活とはいえなくなった。
 
f0138096_12275455.jpg

  マキタのコードレスクリーナー。使用者の評価などを調べ、手頃な商品を見つけた。                                   (写真は楽天のHPより)             

 
by tarumae-yama | 2007-12-29 12:44 | その他 | Trackback | Comments(3)