人気ブログランキング |

2007年 12月 03日 ( 1 )

花田少年史

 先日、札幌で見た映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の続きネタである。
 あの中で、売れない小説家と生活を共にする子ども役の演技も良かった。
 印象に残ったからインターネットで調べたところ、彼が主役の映画があった。
 それが「花田少年史~幽霊と秘密のトンネル」で、「ゲオ」から早速借りてきた。

 何ともあり得ない馬鹿げたストーリーなのだが、家族愛を骨格に笑いと涙を誘う映画作りは秀逸でとても感動した。
 良い意味で期待を大きく裏切られた作品であった。
 この映画にはどことなく、渥美清演じる寅さんシリーズや「ALWAYS 三丁目の夕日」と共通するものがあるとも思った。
 
 それにしても13歳の少年、須賀健太の演技は輝いていた。
 彼のHPで、子役としてすでに大変な実績があることを知ったが、なるほどと納得がいった。
 長じて、吉岡秀隆を超えるような存在感のある俳優になってくれたら嬉しい。
 
f0138096_2357469.jpg

                    YOMIURI ONLINEより
 
f0138096_013451.jpg

                    須賀健太 YAHOOのHPより
by tarumae-yama | 2007-12-03 00:12 | その他 | Trackback | Comments(4)