人気ブログランキング |

2007年 09月 03日 ( 7 )

8月31日、芦別岳3

 GPSの軌跡を2枚アップしたい。
 
8月31日、芦別岳3_f0138096_21342564.jpg

 
8月31日、芦別岳3_f0138096_21344283.jpg

 GPSの軌跡を「カシミール」上で立体的に見えるよう表現してみたが・・・。
 縮尺が適当でなかったかも知れない。

 次回は芦別岳で見た花等を2回にわけてアップし今回の山行きを締めくくりたい。
by tarumae-yama | 2007-09-03 21:44 | 登山 | Comments(0)

8月31日、芦別岳2

 写真の順序が逆になったが、芦別岳についての2報である。
 
8月31日、芦別岳2_f0138096_21284497.jpg

  一汗かいた後、このような看板が木に掛かっていた。呻吟坂序曲の「序曲」には苦笑いしてしまった。序曲という位だから、これから急坂が何回もあるということ。オペラのように一体何幕まであるのか・・・。
 
8月31日、芦別岳2_f0138096_21291294.jpg

 負けるな!の後に、頑張れ!とか、もう少し!等の看板があるかと思ったが、これが最後であった。
 
8月31日、芦別岳2_f0138096_21294997.jpg

                 頂上からの眺望
 
8月31日、芦別岳2_f0138096_21301782.jpg

                 同上
 
8月31日、芦別岳2_f0138096_21314043.jpg

                 同上
 
               
by tarumae-yama | 2007-09-03 21:35 | 登山 | Comments(0)

8月31日、芦別岳

 いよいよ今回最後に登った芦別岳についてである。
 前日は、富良野市山部にある「太陽の里」キャンプ場で車中泊した。無料にも拘わらず、広々として手入れの行き届いた良い施設であった。8月も下旬、平日ということもあってか利用者は殆どいなかった。
 余りにも静か過ぎ、夫婦共々寝返りばかりうってかえって熟睡出来なかった。

 今朝も4時半に起床、朝焼けが美しい。朝食後5時半にキャンプ場の横にある新道登山口を出発した。前回この山で水不足に悩まされたからスポーツドリンクを3.5リットル持参した。
 曇り空で気温がそれ程上がらなかったのと寝不足にも拘わらず体調が良かったので、休憩を含め、頂上まで登りに3時間17分、下りは1時間51分の所要時間であった。
 ガイドブックによると、利尻山と富良野岳は中級、この山は上級とあったが、利尻山より辛いとは感じなかった。ただ、途中、早々と3,4人を追い抜いて先頭になったから、朝露でズボンがグッショリと濡れて重く、頂上では風に打たれて寒さに震えてしまった。

 以下に山行タイムを記す。
 登山口05:30→見晴台06:27~06:32→鶯谷07:00~07:05→半面山07:37~07:45→雲峰山08:15~08:20→頂上08:47~09:20(早めの昼食)→雲峰山09:35→半面山09:52~09:55→鶯谷10:12→見晴台10:28~10:35→登山口11:11

 大雪山方面は雲に覆われ眺望が効かなかったが反対側はクリアであった。
 頂上に現れる登山者を待ちきれず、セルフで記念写真を撮って33分後下山を開始した。
 
8月31日、芦別岳_f0138096_20294521.jpg

      キャンプ場からの朝焼け、手前のひまわり畑が判るだろうか?
 
8月31日、芦別岳_f0138096_20305321.jpg

       キャンプ場、バックに芦別の山並み、芦別岳はここからは見えない。
 
8月31日、芦別岳_f0138096_20322339.jpg

                 半面山から雲峰山と左のピークが芦別岳頂上部
 
8月31日、芦別岳_f0138096_20333796.jpg

                 雲峰山から頂上部を望む
 
8月31日、芦別岳_f0138096_20381383.jpg

                 雲峰山と頂上とのコルから
 
8月31日、芦別岳_f0138096_20384998.jpg

                 頂上でセルフを使って撮る
 
 
 
by tarumae-yama | 2007-09-03 20:42 | 登山 | Comments(0)

利尻のお土産

 今日の朝刊に、8月30日利尻島のポン山から姫沼へのハイキングコースを歩いていて行方不明になった東京の73歳の男性が、2日の朝遺体で発見、とあった。4人の最後尾を歩いていたそうだが、同行者や遺族の心情を考えると何ともやるせない。隣の記事には、この男性を捜索していた自衛官が、頭骸骨等の白骨を発見したと載っていた。まるで富士山の樹海を思わせるようだ。利尻山に登った直後なのでショッキングなニュースであった。
 
 同じ利尻に関することだが、内容は一転、海産物について触れたい。
 28日、利尻山に登っている間、家内は観光バスで島内を巡っていた。その折、立ち寄った店で、我が家のお土産として利尻の高橋水産の「ぬかほっけ」を買ったそうだ。
 今日、3時のおやつに味わった。
  稚内時代にもあれこれ地元のぬかほっけを買って食べたが、高橋水産のぬかほっけを超える物はなかった。
 利尻に住んでいた時、来島する知人達のお土産にすることが多かったが、すこぶる評判が良かった。

 酒の肴にお勧めの逸品なので、左党の方は一度お試しあれ。
 直接、高橋水産から購入すると、20%オフになるはずだ。
 懐かしさから話題にしたが、この会社とは何の繋がりもないことを強調したい。
 ただのいちファンである。
 
利尻のお土産_f0138096_1815243.jpg

 こちらは3匹入った小袋(食べた後の撮影なので一匹足りない)で税込み525円だったそうだ。1050円の大袋もある。
  この会社のHPがあるようだから、興味がある読者は検索してご覧頂きたい。
by tarumae-yama | 2007-09-03 18:23 | 食べ物 | Comments(0)

富良野岳の花他

 富良野岳の花最終版と芦別岳に向かう途中、中富良野にある富田ファームで撮った写真もアップした。
 
富良野岳の花他_f0138096_12422024.jpg

 さすが花の100名山だけに、最盛期、ここのお花畑の見事さはいかほどかと思わせるものがある。
富良野岳の花他_f0138096_12424262.jpg

富良野岳の花他_f0138096_1243344.jpg

富良野岳の花他_f0138096_12431836.jpg

富良野岳の花他_f0138096_12433234.jpg

 富田ファームのラベンダーの素晴らしさも、この時期は想像することすら出来ない。
富良野岳の花他_f0138096_12434725.jpg

 富良野岳等十勝連峰を前景に、まだ彩りを残す富田ファーム
by tarumae-yama | 2007-09-03 12:58 | | Comments(0)

富良野岳の花2

 続いて5枚アップしたい。
 
富良野岳の花2_f0138096_12364634.jpg

 
富良野岳の花2_f0138096_123716100.jpg

 
富良野岳の花2_f0138096_12374476.jpg

 
富良野岳の花2_f0138096_12375879.jpg

 
富良野岳の花2_f0138096_12383637.jpg

by tarumae-yama | 2007-09-03 12:39 | | Comments(0)

8月30日富良野岳の花1

 富良野岳で見た花や葉、実等の写真を3回に分けてアップしたい。
 
8月30日富良野岳の花1_f0138096_12321872.jpg

 
8月30日富良野岳の花1_f0138096_12323112.jpg

 
8月30日富良野岳の花1_f0138096_12324692.jpg

 
8月30日富良野岳の花1_f0138096_1233243.jpg

 
8月30日富良野岳の花1_f0138096_12332045.jpg

by tarumae-yama | 2007-09-03 12:35 | | Comments(0)