人気ブログランキング |

2007年 09月 02日 ( 3 )

8月30日、富良野岳

 前日は十勝岳温泉の駐車場に泊まった。4時半に起床すると上層雲が広がっていたものの雨の心配はなさそうだった。
 家内が7月17日の樽前山以来、久しぶりに同行することになった。
 スタート地点がすでに標高1250mを超えているのでナナカマドの実が赤く色づき、登山道脇にはリンドウが多く目についた。すっかり秋本番といった趣である。
 休憩を含め、登りに3時間5分、下りは2時間18分と概ねガイドブック通りの所要タイムであった。

 山行タイム
 登山口06:30→上ホロ分岐07:20~07:30→富良野岳稜線分岐08:50~09:00→頂上09:35~10:15→富良野岳稜線分岐10:37~10:40→上ホロ分岐11:40~11:50→登山口12:33 (GPSによる総歩行距離11.0km)

 同じような写真ばかりで退屈でしょうが・・・

 
f0138096_18325263.jpg

                 正面が富良野岳
 
f0138096_18334726.jpg

                 富良野岳のクローズアップ
 
f0138096_18352519.jpg

                 稜線分岐から家内は空身で頂上へ
 
f0138096_19322181.jpg

        頂上から十勝岳方面を望む、左手奥に大雪の山並みも見える。
 
f0138096_19462119.jpg

                 下ホロカメットク山方面を望む
f0138096_19343576.jpg

                 ナナカマドと正面に十勝岳
 
f0138096_19351077.jpg

 「温泉パスポート」で入浴した十勝岳温泉凌雲閣(800円)、標高が北海道一の温泉で露天風呂からの眺めは本当に素晴らしい。
by tarumae-yama | 2007-09-02 19:49 | 登山 | Trackback | Comments(3)

8月29日利尻山から富良野岳へ、移動日

 8月28日利尻山に登り、稚内市内の「ふるさと」で夕食後、皆既月食の天体ショーをフロントガラス越しに眺めつつ中川町の道の駅で車中泊した。
 翌日は、移動日ということであちこち観光をしながらのんびり十勝岳温泉へ向かった。
 
f0138096_1256077.jpg

 塩狩峠で昼食を取ったが、駐車場沿いの原っぱで蝉やキリギリスの鳴き声が賑やかだった。写真を撮ろうとしたが今回も見つけることが出来ず、代わり?に赤とんぼを写した。熟睡しているのか、カメラを近づけても逃げることがなかった。
 
f0138096_1302061.jpg

  図に乗って眼前に超接近しアップで撮った。
 
f0138096_13561394.jpg

 サホーク種という羊の飼育で知られている士別市の牧場に寄ってみた。その近くで
コスモスが咲いていた。
 
f0138096_13584380.jpg

                 羊牧場と売店やレストランである。
 
f0138096_1403236.jpg

  白金温泉に向かう途中、みさと名水で見たカッパが気に入ったのでシャッターを切った。
 
f0138096_1433779.jpg

  「温泉パスポート」にあった白金温泉ホテルの温泉(800円)に入った。露天風呂の眼下に渓流が望め、ロケーションは抜群であった。
 
f0138096_1464281.jpg

 ホテルの温泉で入浴後、更に「北の国から」で有名な吹上温泉の露天風呂に初めて入った。45度はあろうかと思われる熱い温泉に驚いた。
by tarumae-yama | 2007-09-02 14:21 | アウトドア | Trackback | Comments(2)

利尻山追加

 利尻山に関してもう数枚写真を追加したい。
 
f0138096_11202081.jpg

                 9合目の崩落地沿いを登る登山者。
 
f0138096_11213925.jpg

 沓形コースとの合流場から続くガレ場、足場が非常に悪く疲れた体には辛い所だが、数分で通過できる。
 
f0138096_11251386.jpg

 利尻山の最高点の南峰(左手奥)だが、崩壊が進んでいるため立入禁止となっている。
 
f0138096_11281283.jpg

 隣のにこやかな青年は、私が以前いた稚内空港に勤務するCABの職員であった。
 昨年春に沖縄から転勤して以来、晴れた日職場から見える秀峰に憧れを抱き続けた末の初登山だそうだ。
 
f0138096_11404377.jpg

 稚内市内で給油した折、スタンドのお兄さんお勧めの店で夕食をとった。何と、そこは稚内に転入した当初、スポーツジムの指導員から教えてもらった店であった。
 
f0138096_1144397.jpg

 刺身の盛り合わせやサンマ等を注文したが、港町稚内でありながら、サンマは根室産で、
刺身もツブだけが地元で捕れた物だそうだ。しかし、出された物はどれも美味しかった。
by tarumae-yama | 2007-09-02 11:53 | 日本100名山 | Trackback | Comments(2)