人気ブログランキング |

温泉の話

 昨日に続き温泉の話だが、この秋ひと月近く家内と車に泊まりながら本州の山に登った。
 下山後の温泉は、雑誌を使って無料入浴できる機会がかなりあって本当に有り難かった。
 その数は、「自遊人」が8カ所、「温泉博士」が10カ所にものぼった。
 勿論、雑誌を使わずに入浴料を払った施設も5カ所だが、ある。
 
 「自遊人」は人里から遠く離れ自然に抱かれた所に多く、「温泉博士」は比較的街中にある温泉が多いという印象を持った。
 
 葛温泉「高瀬館」に入った時だと思うが、30歳くらいの男性と浴槽で話をした。
 埼玉から奥さんと2歳の娘さんの3人、軽自動車で移動しながら温泉のはしごをしているとのこと、わずか15分くらいで、100kmもある次の温泉に向かうためにあわただしく出て行ったが、それが今日5軒目の温泉になると聞いて驚いた。

 アヒル副隊長こと名古屋のOさんが百名山を達成した飯豊山の帰り、一日に7軒の温泉をはしごしたそうだ。上には上がいるものと感心してしまう。

 今、私の手元には、この2種類の温泉雑誌の他に北海道内51カ所の温泉が利用できる「HO」もあるから、来週ニセコ辺りで温泉を2,3軒はしごしてみたい。
 
温泉の話_f0138096_1212677.jpg

新穂高温泉「深山荘」、ここは川原に3段の露天風呂があって面白い。 写真は家内が撮影



 
by tarumae-yama | 2008-11-07 12:10 | 温泉 | Comments(2)
Commented by maatota at 2008-11-07 23:41 x
まぁー!! 「雑誌を使って無料入浴の機会」が多くあり、良かったですネェ。そんなに使用されたとは驚きです。 私らは「近く・便利」で見つけたり、誰かさんが早く飲みたがるので、中々難しいです。
Commented by tarumae-yama at 2008-11-08 00:04
maatotaさん 今晩は。
それだけ温泉を楽しめたのも、家内が車内で待っている間に、次に登る山を考慮しつつ利用できる温泉とその日に泊まる道の駅を決めていてくれたからで、私は家内から示された電話番号をカーナビにセットし、あとはハンドルを握るだけでした。
名前
URL
削除用パスワード
<< 積雪 11月6日、温泉「シャトレーゼ... >>