人気ブログランキング |

文化の日は晴れの特異日

 今日11月3日は晴れの特異日だという。
 しかし、実感としてそうは思えず、日記を取り出してみた。
 それによると、この10年間の11月3日の天気は雨や雪の日が5日もあったから、千歳について言えば当てはまっているとは思えない。
 それより前の10年間では、雨の日は3日間であったからまあ当たっているかなとは思う。
 
 千歳には気象庁の出先機関(新千歳航空測候所)があるから、そこに聞けば観測開始以来の天気が判り、結果、もっと高い確率で晴れの日が出現しているのかも知れないが。
 ともあれ、気象庁のHPを見ると今日は雨や曇りの地点が多いようだ。

 話は大きく変わるが、昨日、久しぶりに徒歩20分のヤマダ電機を覗き、発売直後のパナソニックのデジ1カメラDMC-G1やキャノンのプリンターMP630等を触ってきた。
 どちらも思いの外価格が下がっていたが、購買意欲をそそる程の魅力を感じなかった。

 プリンターについては、性能的にもう十分なところまで来ているのではないかと思う。
 今回、新型インクで鮮やかな色合いになったとの評価があるようだが、その新型インクは単価が安くなったが、容量が少なくなったから実質値上げらしい。
 ただでさえインクの消耗が早いと感じているのに、量を減らすなんて逆行で姑息だと思う。
 
 カメラについては、G1よりペンタックスの新しいK-mが気にかかった。
私のistDS2の後継機がK200で、そのK200の後継機という位置づけなのだろうか。
1000万画素にアップしたが、単三電池が使えるのはそのままであったから何とも嬉しい。
しかも、単三電池4本で1650枚も撮影出来るという信じがたい数値である。

 カシオがデジカメを出した10年以上前、QV-10Aという36万画素の今ではオモチャのようなカメラを5万円も出して買ったが、アルカリの単三4本で50枚も撮れなかった。
 この技術の進歩に隔世の感を覚える。
 
f0138096_11431751.jpg

単三4本で1650枚も撮影できるというペンタックスK-m、 写真は価格.comのHPより
 
f0138096_20125324.jpg

96年に発売のカシオQV-10A、あっと言う間に電池が消耗した。写真はカシオのHPより
 
by tarumae-yama | 2008-11-03 11:50 | その他 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://tarumaezan.exblog.jp/tb/9562992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayaG at 2008-11-04 09:49 x
G1もK-mもお嬢さんやお母さん狙いの入門者用商品のようですね。
オリンパスからも出るというマイクロフォーサーズ機も、
多分そうなのでしょう。

出門者からの要望の声が多ければ、それなりの製品が
発売されるのでは、と期待していますが。

なにせ入門者より出門者のほうが数は多いしお金は持ってるし、で
商売の相手としては悪くないでしょう?(笑)

istDS2は良いカメラだと思います。



Commented by tarumae-yama at 2008-11-04 10:45
ayaG さん
お早うございます。
確かに、今10万円以下で買えるデジ1はコンデジのようにオートまかせになっている気がしました。
私には、設定であれこれ悩まなくて済み、それなりの画が得られるこの傾向は助かりますが・・・。
ayaGさんのHPで、E-520の比較シリーズ?を興味深く見ています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 初雪 11月1日、紋別岳 >>