人気ブログランキング |

レコードプレーヤーのカートリッジその2

 先日、市内に住む友人が久しぶりに遊びに来た。
 我が家のレコードプレーヤーを見て、お互い昭和50年代当時オーディオに狂っていた頃の話で盛り上がった。
 彼はジャズが好きで、サンスイのアンプ、オルトフォンのカートリッジ、エラックやJBLのスピーカーが自慢であった。
 しかし、高額なオーディオ装置を全て処分し、今ではホームカラオケセットで演歌を唄っているらしい。

 カートリッジだけ3,4本残っているから譲るとのことで、昨日もらってきた。
 期待していたオルトフォンはなかったが、SATINとプリントされたものが2本あった。
 知らぬ名前に、インターネットで調べると、検索の上位に「サテン・ドール」=吉原の高級ソープランド店名、とあって驚いたが、京都にあったSATIN ONKYOという会社で作っていたMCタイプの物で、(一部の)熱狂的なオーディオマニアが愛用していたらしい、ことが判った。
 
f0138096_10491264.jpg

友人から譲ってもらったカートリッジ、上からパイオニア製PL-C9、マイクロセイキ製VF-3100/5、サテン音響製M6-8C、同 NewM-11
by tarumae-yama | 2008-08-10 11:00 | 音楽 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< レーザーディスク ブルーインパルス >>