人気ブログランキング |

鏡平山荘から下山、2019.9.21

山荘での朝食時間を我々は5時半からと思い込んでいたが、何と5時からの組で危うく朝食抜きで下山する羽目になるところだった(^^;)
だが、山荘のスタッフの好意で朝食をしっかり摂り、雨の中6時20分に新穂高温泉駅に向けて歩き出した。
やはり、前日のうちに双六小屋から鏡平山荘まで下りていて正解だったと思う。
まだ雨が強まる前の9時35分、無事(?)新穂高温泉駅に到着。

3連休の初日だが、雨が降っているしこの後台風17号の荒天が予想され、登山者は皆自粛するのかと思ったのだが、ツアー登山者のパーティー3組とすれ違った。

100名山巡りのパーティーのようだったけれど、遠くから高い参加料を払って来ているなら、少々の悪天でも登りたいのだろうと思う。
好天なら何の問題もないけれど、シビアな天気になったときのガイドの心境は察するに余りある。

10年ぶりの北アルプスの山行は、天気に恵まれて所期の目的の山を全て登った。
100名山は、剱岳、槍ヶ岳、立山、鷲羽岳と4座だが、奥大日岳、別山、別山北峰、富士ノ折立、樅沢岳、双六岳、三俣蓮華岳など100名山以外の山も9座登ったから大大満足だった。

フェリーや宿の手配を始め、車の運転から山の案内まで何から何までお世話になった隊長Oさんには本当に感謝感謝である。

ただ、無事(?)と?マークを付けたのは、鷲羽岳の下山中に岩の上で足を滑らせて転倒、右足を強打し、少々出血したから。
更にズボンも2カ所裂けてしまった。
何より、ポケットに入れていたスマホの液晶が割れたことが出血より痛かった。

打撲の右足は今も少々腫れているけれど、登山には殆ど影響がない。
だが、買ったばかりのスマホの液晶の修理代は想定より高く、新規に購入した方が安くつくと分かり、また買うことにした。

まあこの程度のケガと出費で済んだことを、不幸中の幸いと思いたい。

写真の上でクリックすると大きくなります。
なお、下山中の写真は、雨のためオリンパスの防水カメラで撮影。
それ以外(の日)は、キャノンのコンデジG5Xで撮った。
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22531074.jpg
鏡平山荘からレインウエア着用で下山
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22531571.jpg
こんな雨の日は誰も登って来ないよねと隊長Oさんと話をした直後にソロの女性がやってきた。
何と三俣山荘のスタッフさんだった。元々はニセコに住んでいるのだが、用事で帰っていたところ人手が足りないからと呼び出されたらしい。毎日サイフォンで煎れた美味しいコーヒーが飲めて良いねと言ったところ、スタッフはインスタントコーヒーなんですと苦笑していた。
前日はワサビ平小屋に泊まって早出したと。小屋終いの10月15日まで働くらしい
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22531851.jpg
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22532297.jpg
2番目にスライドしたのは、鏡平山荘のスタッフさんだった。自ら大きなザックは、10月20日の小屋終いまでのおやつが詰まっているからと笑っていた。やはり前日はワサビ平小屋に泊まったと
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22532556.jpg
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22532819.jpg
最後尾のガイドさんは、明日以降天候次第で判断すると
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22533052.jpg
こちらは100名山巡りの関西からのツアー登山者のパーティー
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22551289.jpg
ワサビ平小屋だけあって、ワサビを栽培していた
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22533756.jpg
こちらは、水で冷やしていた売り物のトマトやキュウリ、リンゴにバナナなど
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22553698.jpg
登山ポスト脇の案内表示板
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22554674.jpg
新穂高温泉駅まで戻ってきた
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22554927.jpg
駅で買ったわらび餅とコカコーラ。足湯に浸かりながら至福のひととき
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22555339.jpg
下山後温泉でさっぱりし、夕食は富山市内のしゃぶしゃぶ食べ放題の店で打ち上げ
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22563446.jpg
帰宅する前日も同じ富山市内の「しゃぶ葉」の別な店へ。ソフトクリームもドリンクもついてお腹一杯飲食したから、山での折角の消費カロリーもたちまち取り戻してしまった(^^;)
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22564834.jpg
小屋での停滞日を2,3日取っていたのだが、順調に登れたので帰宅までホテルで3日間ブラブラしていた。航空券のキャンセル料が案外高かったので、帰宅を早めなかった
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22565190.jpg
翼の上の白い点は、南行きの旅客機
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22565629.jpg
写真の山は多分岩木山。アルプス以外の山で唯一登っていない日本100名山
鏡平山荘から下山、2019.9.21_f0138096_22565874.jpg
千歳に着陸目前。苫小牧市街と奥に樽前山が見える

by tarumae-yama | 2019-09-27 07:44 | 登山 | Comments(4)
Commented by noriG at 2019-09-28 11:57 x
北アルプスの大縦走遠征、お疲れさまでした!
北アルプスの高度感ある3000m級の岩嶺、
迫力のある岩峰、写真を見て感激し楽しむことが
できました!
50年近く前に、槍ヶ岳等に登ってますが、槍ヶ岳山荘が
凄く増築されているのに驚きました!
素晴らしい写真と紀行文、有り難うございました!
Commented by tarumae-yama at 2019-09-29 10:08
noriGさん
コメントを有り難うございます。
もう100名山巡りはないものと思っていましたが、思いがけず隊長Oさんが誘ってくれ、雄大な景色を堪能してきました。
晴天に恵まれたことが何よりでした。

noriGさんは20代の頃ばりばり山をやっていたのでしたね。
槍ヶ岳の梯子も当時は一つだけだったのではないでしょうか。
今は下り専用の梯子ができています。
小屋も増築されたのですね。
登山人気が続いているせいか、鏡平山荘も増築中のようでした。
Commented by mu-nnro-do at 2019-09-29 16:26
北アルプスの縦走お疲れ様でした。
数々の見慣れた風景胸がドキドキしながら楽しませて頂きました。槍ヶ岳の鉄の梯子二本に成っていたので驚きました。
(人''▽`)ありがとう☆ございました。
Commented by tarumae-yama at 2019-09-29 20:39
ヨッシ~さん
コメントを有り難うございます。
昔?、アルプスの山々を縦横に歩いていたのでしょうね。
槍ヶ岳、私より一回り上の大阪の知人から電話があり、やはり梯子が2連になっているのに驚いていました。
知人は学生時代に登ったそうですからもう50年以上も前の話でしょうね。
向かって右側の梯子は下り専用になっていました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 秋を探しに樽前山へ、2019.... 三俣蓮華岳から鏡平山荘へ、20... >>