人気ブログランキング |

ハスカップジャム作り

昨日、庭のハスカップの実を収穫した。
もう殆ど残っていなかったのだが、それでも400gあった。

7月5日に初めて採ったときは1.7kgあったから、合計2.1kg。
今年は花の付きが悪くて不作かと思ったけれど、平年並みの収量だった。

最初の実は、お菓子作りが趣味だという山友に全てあげた。
山を一緒したとき、そのハスカップを使ったお菓子をご馳走してくれたなら嬉しい。

今回のハスカップの実でジャムを作ったのだが、煮詰めすぎたのか砂糖を入れすぎたのか、水飴のように固くなって大失敗だった。
以前、ハスカップキャラメルなるものを食べたことがあるけれど、その時のキャラメルより固い。
まあ、香りはたっぷりなのだが。

仏前にそんな固いジャムをお供えしたものの、歯の弱い妻には歯が立たないかも。
だが、インプラントだから大丈夫、有り難う。と呆れつつも苦笑いするだろうか。
f0138096_17000572.jpg
コトコトと煮詰めてハスカップのジャム作り
f0138096_17001050.jpg
その後、スーパーに行きアイスクリームを買ってきて、ハスカップジャムを載せて食べた。庭に沢山育っているペパーミントの葉を添えて


by tarumae-yama | 2019-07-21 07:09 | 食べ物 | Comments(7)
Commented by margaret8in_z80 at 2019-07-21 11:05
こんにちは
毎年ジャム作られてるんですね(*^^*)
どんなお味はなんだろ?
ちょっと煮詰め過ぎたのかもしれませんね
去年の記事では アイスクリームの上にかけてありましたもんね。
また来年が楽しみですね(^_^)v
Commented by 芽室のK at 2019-07-21 12:25 x
すごい!ジャムも作られるんですね!
ミントをのせたアイスがとってもオシャレですね♪
Commented by tarumae-yama at 2019-07-21 20:45
さくらこさん
コメントを有り難うございます。
大した収量ではなく、その前に草刈りもあり、年々億劫になってきています。
ハスカップは元々、千歳や苫小牧周辺の原野に自生していたもので、酸味が強くて子供の頃採ってきた実に砂糖をかけて食べました。
今は、品種改良をしたものが栽培されていて、実も大きく甘みが強くなっています。
でも、酸味が感じられる甘さでしょうか。
妻は、ブルーベリーのジャムは香りと味が物足りないと言って、ハスカップのジャムに拘っていました。
ハスカップの塩漬けも梅干し代わりになり、おにぎりによく合います。

今回のジャムは煮詰めすぎて大失敗でした。
今日川を遡上した山友に、我が家でアイスクリームにかけてご馳走しましたが、やはりキャラメルのようなジャムと苦笑していました。

来年は上手く作ります!??
Commented by tarumae-yama at 2019-07-21 20:48
芽室のKさん
コメントを有り難うございます。
ジャムは砂糖を入れて煮詰めるだけですから、誰にでも簡単に作れると思います。
そう言いつつ、煮詰めすぎて失敗しましたが(^^;)

17日のテント泊、予定通り実施したのでしょうか?
私は予報がパッとせず、中止にしました。
お会いできるかもと思っていたので残念でした。
Commented by 芽室のK at 2019-07-21 23:04 x
17、18ともパッとしない予報だったので、
テント泊は辞めて日帰りで花を見てきました。
ウルップソウの見頃は過ぎていましたが、
避難小屋までの雪渓跡は綺麗なお花畑になっていました。
あ、銀泉台から白雲分岐、避難小屋、板垣新道、小泉岳と周回しました。
白雲の雪渓は見えなさそうだったのでパスしましたよ。
Commented by 芽室のK at 2019-07-22 21:47 x
17日はテント泊はやめて日帰りで銀泉台から登りました。
ガスがかかっていて、シマシマ雪渓が期待できなかったので白雲岳には行きませんでしたが。
登山口で畠山さんの車がなかったので中止したんだろうなとは思っていました。
わざわざ遠出して登る天気ではなかったですもんね。
Commented by tarumae-yama at 2019-07-23 00:22
芽室のKさん
連続のコメントを有り難うございます。

連絡がなかったこともあり、予報から中止にしたのだろうと思っていました。
日帰りで登ってきたのですね。
実は今日(22日)、S村さんと二人で赤岳、白雲岳、緑岳と登ってきました。
遠距離と高速料金をかけて出かけるので、晴れ予報の時に登りたいと思っていましたが、今日は最高の天気でした。ゼブラ模様も花も素晴らしくて大満足でした。
名前
URL
削除用パスワード
<< ソウオン美笛川を遡上して美笛の... 瀬尾まいこ「そして、バトンは渡... >>