人気ブログランキング |

イチャンコッペ山、2019.6.12

昨日読んだ池井戸潤の小説、またも途中で止められず翌朝の4時過ぎまでかかって読了した。
彼の本を何冊も読んでいると、どうもストーリーがワンパターンと言う気がしないでもないけれど、何故か図書館から借りて来てしまう(^^;)

夏至が近い今頃は、午前4時にはもうすっかり明るくなり、新聞配達のバイクの音を聞きながらベッドに潜り込んだ。

遅い朝食後、近々芦別岳を旧道から登る予定があり、往復12時間以上かかるだろうから、それまでになんとかして体重を2kgくらい落としたく、イチャンコッペ山でダイエット登山。
下山後、丸駒温泉のサウナで更に汗を絞り出してきたけれど、間食が止められないからはてさてどうなるか。

5月14日以来一月ぶりに登ったイチャンコッペ山だが、最近笹が刈り払われていて快適な登山道だった。
更に倒木の処理も素晴らしくて、多分恵庭山岳会の有志の方達が汗を流してくれたのだと思うけれど、感謝感謝だ。

ただ、花に関しては期待したシラネアオイやムラサキヤシオツツジは全く見ることができなかった。
すでに終わってしまったようだ。

曇り空の上に視界が悪く、花もないとなれば被写体が見つからない。
それで、今日は思いの外登山者が多いこともあり、スライドした人たちと挨拶かたがた写真を撮らせてもらい、ブログの宣伝に励んだ。

その中から一人でも読者になってくれたら嬉しいけれど、実は、来月にも私のブログの訪問者が累計で100万人に達する見込みだ。

毎日せっせと恥も外聞もなく文章を垂れ流してきた。
ブログを開設して10年になる2年前に、一応区切りを付けようかと思ったけれど、とりあえず100万人アクセスを目指してみようと考え直して今日まで来た。

100万人を達成した時に、改めて今後ブログをどうするか熟慮してみようと思う。
f0138096_19005757.jpg
この一月の間に、登山道に横たわる倒木にこんな丁寧な処理をしてあった
f0138096_19010397.jpg
最初にスライドした二人組は、長沼町から来たというSさん母娘。とても温かい雰囲気だった。娘さんはブログ名をスマホにメモしていたから、期待できるかな(^o^)
f0138096_19010938.jpg
下山していく後ろ姿を
f0138096_19011329.jpg
f0138096_19011691.jpg
Sさん母娘の直後に会ったのは、何と苫小牧山岳会のNさん(右端)やOさん、Kさん(真ん中)。Nさんとは5月10日に樽前山で会ったばかり。しばらく会っていなかったのに、会うときはすぐ会うのだねとお互い苦笑
f0138096_19012032.jpg
札幌からのMさんとMさん。イチャンコッペ山は初めてだと
f0138096_19012342.jpg
登山道の両脇の笹が広く刈られていた。笹の枯れ具合から刈り払われたのは1週間ほど前か
f0138096_19012689.jpg
恵庭岳の頂上部は雲の中。登山口には10台くらい停まっていた。半数以上の人が頂上岩塔に立ったらしい
f0138096_19014747.jpg
頂上。奥に紋別岳。右に支笏湖が霞んでいる
f0138096_19015098.jpg
頂上から、冬季用の標識がある所まで笹刈りされていた
f0138096_19015369.jpg
冬季用と書かれた頂上標識
f0138096_19015667.jpg
頂上に戻り、凍らせてきたゼリーを食べたけれど、身体が冷えてしまった((^^;)
f0138096_19015932.jpg
曇り空で支笏湖ブルーとはならず
f0138096_19020472.jpg
スタート時はほぼ満車状態だったのだが、14時過ぎに下山したときは私の車のみ


by tarumae-yama | 2019-06-13 07:25 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 傷害保険付帯キャラバン登山靴 風不死岳と樽前山、2019.6.8 >>