人気ブログランキング |

野塚岳とオムシャヌプリ、2019.4.28ーその2ー

野塚岳までの3時間は予定通りだったけれど、そこからオムシャヌプリまで二人とも初めてのルート。
事前に知人の記録を見てはいたものの、雪の状況次第では2時間以上かかるかも知れない。
車をデポしてオムシャヌプリから国道に下りるなら楽だが、我々はピストンだから片道2時間半以上はかけられない。

最悪オムシャヌプリを目前にして時間切れのため、そこからの下山も考えていた。
だが、大岩やハイマツ漕ぎのために体力も気力も随分削がれたけれど、何とか2時間程度で初登のオムシャヌプリの頂上に立つことが出来た。

(帯広)十勝岳や楽古岳へと繋がる稜線や山襞がいかにも日高山脈らしくて感慨もひとしお。
頂上でランエボさんから色々山の話を聞くことが出来た。
彼はトンネルの駐車場から沢沿いに野塚岳に登って来たとのことだが、ずっとスノーシューのままと。
下山は野塚岳西峰を経由して下りるけど、駐車場にまだ(彼の)プリウスαがあったなら捜索願を出してくれ、と冗談を言い残しオムシャヌプリから下りて行った。

我々もランエボさんの直後に下山を開始、野塚岳のほうが標高が低い分戻りは少し楽だったけれど、野塚岳からの下山は腐った雪にズボズボ埋まってストレスになった。
登りで落としたゴム手袋やピッケルのカバーを回収しながら無事下山。

それにしてもGWに入り晴天がこの後2,3日続く予報だったから、駐車場にはピリカヌプリに向かう車で一杯かと思っていたのだが、下山時我々の他にオムシャヌプリから十勝岳方面にテン泊で向かった男性の車があったのみ。
まあ周りの雪がすっかり消え、テン泊装備で笹を漕いで尾根まで上がるのは大変だから、もう今シーズンは断念したと言うことかも知れない。

山行記録
野塚岳08:23→オムシャヌプリ10:29~10:59(昼食)→野塚岳12:55→トンネル駐車場14:41

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_13564477.jpg
野塚岳で証拠写真を撮ってすぐにオムシャヌプリへと向かう
f0138096_13564827.jpg
右上に目指すオムシャヌプリ
f0138096_13565277.jpg
f0138096_13565471.jpg
f0138096_13565728.jpg
まだまだ遠い
f0138096_13570081.jpg
f0138096_13570339.jpg
右端にオムシャヌプリ
f0138096_13570623.jpg
尾根上に大岩が何カ所もあってすんなり登らせてくれない。基本的に斜度の緩い方へと回り込む
f0138096_13573037.jpg
振り返ると中央右上に野塚岳。ここまで来るのにかなりバテた
f0138096_13573332.jpg
アイゼンを装着してのハイマツ漕ぎはやっかいだ
f0138096_13573668.jpg
オムシャヌプリ頂上のランエボさん(右)とUさん。日高の山は大きい
f0138096_13573923.jpg
真ん中辺りに先に下山したランエボさんが小さく見える
f0138096_13574263.jpg
我々も左上の野塚岳を目指して下山開始
f0138096_14000610.jpg
野塚岳は左上
f0138096_14000935.jpg
何かのモニュメントのような岩が面白い
f0138096_14001273.jpg
朝、駐車場で挨拶を交わした札幌からのソロの男性がようやくやってきた。どこにテントを張るかまだ決めていないそうだ
f0138096_14001633.jpg
中央右に小さくUさん。前方に野塚岳
f0138096_14001931.jpg
野塚岳やオムシャヌプリの頂上や稜線にキバナシャクナゲを沢山見た。5月の末か6月の上旬には人知れず咲き乱れているのだろう
f0138096_14002240.jpg
この日2度目の野塚岳。頂上に先着のUさん
f0138096_14002551.jpg
中央左に野塚岳の西峰。ランエボさんは、スノーシューの跡から西峰のコルを目指して野塚岳をトラバースした様子。この稜線のどこかにランエボさんがいるはずだが見つけられず
f0138096_14002897.jpg
無事下山。早朝は軽と前日から停まっていたと思われる車があったのだが、我々の車の他にオムシャヌプリでスライドした男性の車があるのみ。ランエボさんの車はなかったから早々に下山した様子

by tarumae-yama | 2019-05-02 07:55 | 北海道100名山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://tarumaezan.exblog.jp/tb/30571796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by positive51 at 2019-05-02 18:52 x
tarumae-yamaさんこんにちは。
数年ぶりに日高を堪能されたんですね。やはり青空の下で見る日高山脈は格別ですね。素晴らしい写真を楽しませていただきました。連休後半のブログも期待しています。
Commented by tarumae-yama at 2019-05-03 16:06
positive51さん
コメントを有り難うございます。
直前まで支笏湖周辺の山の予定でしたが、思いがけず野塚岳の他にオムシャヌプリまで登れて大満足でした。
ソロの男性2組だけの静かな山でしたが、これほどひっそりしていたのは意外でした。
ピリカヌプリはすでに雪解けが進んでいた重荷を背負っての登頂は厳しそうに見えました。
この山はタイミングが難しいですね。
日帰りできる体力のある人が羨ましいです。

連休後半は近間の山になりそうです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 浦臼町のカタクリ 千歳郊外のカタクリの花、201... >>