伊達紋別岳、2018.11.28

くまさん、さおりんさんご夫妻とは9時に登山口駐車場で合流する予定だったのだが、10分過ぎてもやって来ない。
私のスマホは家に置いてきたので問い合わせできず、KさんからLINEで連絡してもらったところ既読にならないと。

そんな訳で、ゆっくり歩いて追いつくのを期待し出発することにした。
歩き出して数分後、振り向くと駐車場の私の車に横付けした車が目に入った。

結局、登山ポストの所で待っていてくまさん、さおりんさんご夫妻と無事合流できたのだが、遅れたのはクマさんのお腹の調子が悪かったためらしい。

そんなハプニングがあったけれど、後はまあ順調だった。
いっぷく広場までは雪はなく、7合目を過ぎた辺りで登山道に氷結した雪が出てきたため、同行者はチェーンスパイクや6本爪などの軽アイゼンを装着した。
軽アイゼンとはいえ、今日の登山道の状況には効果抜群で、頂上までサクサク登れた。

ただ、青空が出てはいたけれど、気温が低いうえに稜線上はなかなかの強風で、鼻水をすすりながら登山ポストから1時間55分で頂上到着。

寒風のため、昼食は下山途中の風の当たらないところでと考えていたのだが、思いがけずくまさんご夫妻から温かなチャーハンや熱々のキムチ鍋をご馳走になり、1時間も頂上で過ごした。

7合目付近で、下山してきた地元の男性と挨拶を交わしたほかには誰にも会わない初冬の静かな伊達紋別岳だった。
f0138096_11055962.jpg
途中、登山道にクマの糞があった
f0138096_11060319.jpg
7合目を過ぎた所で軽アイゼンを装着
f0138096_11060694.jpg
くまさんの軽アイゼンはベルトを短く切りすぎたらしく、装着に一苦労
f0138096_11060937.jpg
f0138096_11061176.jpg
前紋別岳で
f0138096_11061436.jpg
前方に頂上が見える
f0138096_11061888.jpg
伊達市街
f0138096_11062195.jpg
頂上目前
f0138096_11062328.jpg
中央の右にオロフレ山、左に徳舜瞥山、ホロHロ山
f0138096_11062789.jpg
温かなチャーハンが出来上がり、次はキムチ鍋の豪華な昼食
f0138096_11065878.jpg
さおりんさんが持ってきた巨大なマスコット。右にKさんのマスコット
f0138096_11070031.jpg
おいしそうなキムチ鍋
f0138096_11070371.jpg
Kさんから頂いた三石羊羹を手にする同行者
f0138096_11070545.jpg
f0138096_11070850.jpg
f0138096_11071591.jpg
さおりんさんとKさん。下にくまさん
f0138096_11071829.jpg
f0138096_11072141.jpg
登山口近くで、妻が好きだったツルウメモドキの実
f0138096_11072475.jpg
くまさんのお腹も治って無事下山


by tarumae-yama | 2018-11-30 11:20 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 伊達紋別岳、2018.11.2... 伊達紋別岳、2018.11.2... >>