韓国山旅ー総括偏ー

今回の山旅は、隊長Oさんから夏にお誘いがあって実現したものだが、良い思い出が出来て感謝している。

実は、幼なじみと4人で3月下旬から韓国へ花見に出かける予定で、10年の有効期間切れパスポートを新たに取り直し、準備万端のはずだったのだが、3月11日に漁岳の頂上直下から滑落?し、腓骨骨折のために断念した。
怪我の痛みより、キャンセル料の方が痛かった。

そんな因縁の韓国に7ヶ月後に出かけるとは思いもしなかったけれど、滞在中の5日間毎日が快晴の天気に恵まれ、予定通り3つの山の頂に立つことができた。

山の報告はすでにブログにアップ済みだが、隊長Oさんもヤマレコやヤマップに詳しく報告を上げているから、関心がある読者のために彼のヤマップを紹介したい。↓
山の報告の他に、費用なども備忘録としてあげておこうと思う。
航空券とホテルの予約は、全て早々と隊長Oさんがやってくれた。

往復の航空券代として26000円。ホテルは、ソウル東大門の東横インを拠点として4泊朝食付きで24000円弱。
空港とソウル市内の往復鉄道料金や毎日山に出かけるための地下鉄の料金など合わせて4000円ほどだったか。
昼食とビール付きの夕食代として1日あたり2000円から4000円くらい。

他にお土産代や少額なものが幾つかあったけれど、総額8万円はかからなかったから、本州の山を4泊して登るよりずっと安く上がったと思う。

衣類などは安いと思ったけれど、スーパーやコンビニでの食料品は日本より1,2割高かった。
観光は残念ながら山がメインだから殆どしなかったものの、水落山下山後に入場料約300円払って景福宮を唯一観た。
建物の緻密さや敷地の広大さ、若者男女の民族衣装の華やかさに目を奪われた。

夕食は毎日街に出て摂ったけれど、ガイドブックに載っている店の料理は、高い割にはガッカリすることの方が多かった。
ホテルの日本人観光客が薦めてくれた「土俗村」の参鶏湯は確かに美味しかった。

最後に、街や山で日本語は殆ど通じなかったものの、韓国は経験済みの隊長Oさんの後をぴったりついて行って不安はなかった。

まあ、簡単な挨拶くらい出来れば良かったとは思うけれど、度胸と身振り手振りで何とかなるとは隊長Oさんの言である。
f0138096_10135016.jpg
14時半になってもまだ行列。韓国各地や外国からの観光客も多い様子。この店は東横インで韓国に20回も来ているという日本人から教えてもらった
この店のサムゲタン(参鶏湯)は、とても美味しかったけれど約1600円と高め
f0138096_10135841.jpg
f0138096_10140149.jpg
f0138096_10140482.jpg
f0138096_10140746.jpg
f0138096_10141103.jpg
f0138096_10141552.jpg
両手に花の隊長Oさん。女性は二人とも日本人。民族衣装は4時間2500円のレンタルと
f0138096_10143364.jpg
f0138096_10143512.jpg
f0138096_10143949.jpg
f0138096_10144310.jpg
f0138096_10144697.jpg
f0138096_10144831.jpg
f0138096_10145389.jpg
上の13枚は、景福宮で撮影
f0138096_10152864.jpg
中央に道峰山?
f0138096_10153231.jpg
北漢山や道峰山だと思う
f0138096_10153583.jpg
中央に函館山
f0138096_10153732.jpg
中央に駒ヶ岳
f0138096_10154007.jpg
中央に支笏湖。その左手に冠雪の羊蹄山
f0138096_10154330.jpg
新千歳空港近くのゴルフ場。我々が乗るボーイング737機の影が映っている

by tarumae-yama | 2018-11-06 10:40 | 登山 | Comments(2)
Commented by 隊長O at 2018-11-09 19:07 x
こんばんわ~
10年前とは大きく様変わりしてました。
屋台で安くて美味しい牛焼肉が食べられたのですが~
今回、そのイメージは打ち砕かれました。
ガイドブックの明洞、地下鉄出口にある日本名の焼き肉屋
200グラム約3200円の牛カルビ、食べた瞬間、100グラム200円の輸入牛だと分かりました。
韓国で牛焼肉を食べる時代は終わりました。
日本の焼き肉屋の方が安くて美味い。
Commented by tarumae-yama at 2018-11-09 22:32
隊長Oさん
コメントを有り難うございます。
その節は大変お世話になりました。
本州の山より安い金額で行けるのは魅力的でした。
ただ、食べ物は一寸ガッカリでしたが、次回もあるならその時はしっかりリサーチして行きたいですね。

本州の山、楽しんできてください。
また1月以降ご一緒出来れば嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 雪山装備の点検 風不死岳と樽前山、2018.11.4 >>