恵庭岳西峰(と本峰)、2018.10.9

昨日、まるで二十歳の頃のような激しい感情が沸いてきて、コントロール不能状態だった。
まだ青いとも言える感情が残っていることを嬉しいと思う反面、いいだけ歳を重ねても達観、諦観からほど遠い自分が情けない。

タイトルとは関係のない話になったけれど、台風21号の強風による倒木は、すでに発生から一月以上が経ち、随分と処理がなされていて、さほど苦労せずに通過できた。

倒木のひどいのは2合目から4合目辺りまでだろうか。
結局、この区間は迂回路から以前の登山道を使うようにピンクテープが付けられていた。
つまり、迂回路上の倒木がひどくて、それなら今までの登山道の倒木を処理した方が、時間も距離も短くて済むという判断だったのだろう。

新4合目から第1見晴台までも倒木はあるものの、殆ど影響がなく、そこから第2見晴台までは台風以前と全く変わっていないように見えた。

第2見晴台で軽く食事を取ってから西峰まで行ったけれど、倒木帯の中ならともかく、ピンクテープが新たに随分付けられていた。

それは、登山道を落葉が覆うこれからの時期、下山時に注意力が散漫になったり、話に夢中になってピンテを見落とし、道迷いをする懸念を心配したためかも知れない。

第2見晴台から西峰までは以前と全く変わらない。
注意深く見ると、西峰の頂上近くの岩に少し揺れた形跡が見て取れるけれど。

思ったよりひどいと思ったのは、本峰の頂上岩塔からの崩落で、以前の岩塔基部を巻いてルンゼに出る登山道は、ルンゼ手前の区間が落石のために完全に埋まっていた。

今回、地震後の本峰頂上の様子を知りたくてあえて頂上まで登ったけれど、何時足元が崩れるかと落ち着かなかった。
やはり、ここに立つなら落石の心配のない冬期にした方が良いと感じた。
だから夏に登るのなら、落石の不安のない西峰だけにしようと。

山行記録
登山ポスト07:55→第1見晴台09:49→第2見晴台10:19~10:38(軽食)→アーチのある木11:02→西峰頂上11:12~11:20→本峰頂上11:40→第2見晴台12:05→第1見晴台12:30→登山ポスト13:53
f0138096_21530070.jpg
f0138096_21531145.jpg
駐車場近くのひときわ鮮やかな紅葉
f0138096_21531909.jpg
倒木帯に突入
f0138096_21532345.jpg
新4合目から上は、以前とそう変わらない
f0138096_21532721.jpg
第1見晴台から、大沢左岸の黄葉、右岸側はすっかり落葉している
f0138096_21533178.jpg
第2見晴台、標識近くの岩が剥離して転がっている
f0138096_21533856.jpg
第2見晴台から眼下の黄葉
f0138096_21534283.jpg
第2見晴台にて、左端の男性はHさん(私と同じ本名)は、昨年5月エベレストに登頂したTさんの山友らしく、冬に一緒に恵庭岳に登ったと
f0138096_21540530.jpg
アーチの木のあるコルの近くでスライドしたのは、登別のHさん(この方も私と同じ本名と知ってビックリ)、西峰まで1時間以上かかると思い断念したと言うので、20分もかからないと言うと一緒したいと
f0138096_21540927.jpg
西皆から見た本峰頂上岩塔からの崩落。かなり大規模に崩れている
f0138096_21541228.jpg
西峰頂上は目前。Sさんと後ろにHさん
f0138096_21541796.jpg
すぐ近くまで崩落しているけれど、頂上標識は健在の様子
f0138096_21542185.jpg
f0138096_21542756.jpg
f0138096_21545146.jpg
ジャンダルムのSさん
f0138096_21545468.jpg
定番の写真。オコタンペ湖の右に北峰。奥に羊蹄山
f0138096_21545830.jpg
第2見晴台でSさんと一緒に記念撮影。Hさんはここで一足先に下山
f0138096_21550164.jpg
下山中に追いついた女性二人組。どちらもMさん。私は失念していたのだが風不死岳で以前会っていると。更に下りていくと、3合目辺りでバナナを食べていた二人組は、この夏頂上岩塔下でお話をし、丸駒温泉の半額入浴券を譲った熟年ご夫婦だったからビックリだった(写真はなし)
f0138096_21550454.jpg
f0138096_21550986.jpg
5合目付近の紅葉。4合目から6合目辺りが今紅葉の見頃だった

by tarumae-yama | 2018-10-11 09:16 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭岳頂上岩塔、2018.10.9 恵庭岳西峰、2018.10.9... >>