樽前山、2018.9.26

先日の23日は5合目のゲートで通行規制に引っかかり、苔の回廊の下見に転進したため、今日(26日)改めて樽前山へ。

家を出るときは青空が広がっていたのに、7合目の駐車場から東山ルートで登り出した頃には今にも雨が降りそうな空模様になっていた。

そんな状況だから支笏湖ブルーは冴えないし、色づきだした紅葉もまるで映えない。
それでも、今日もビックリな出会いが二つ三つあり、それぞれ話に花が咲いて、休暇村の温泉には余裕で間に合うはずだったのが、何と受付時刻終了の16時寸前だった。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22212742.jpg
誰かが拾ったのか、7合目の見晴台のすぐ上のロープにマスコットが置かれていた。翌日にはなくなっていたのは持ち主に無事戻ったということだろうか
f0138096_22213305.jpg
右下に駐車場。周囲の紅葉は色づきだしたが、見頃は来月に入ってからだろう
f0138096_22213618.jpg
外輪分岐手前でスライドした3人組の右端の女性とは以前恵庭岳でお会いしている。顔出しを遠慮されたので後ろ姿を
f0138096_22213901.jpg
溶岩ドームの左に尻別岳と羊蹄山の一部が見える。今日の噴気は何時もより勢いがあるようだ
f0138096_22214336.jpg
トレランの女性はヤマップのMさん。コマクサの株を前にしばし談笑した
f0138096_22214665.jpg
胆振東部地震の影響で樽前神社奥宮の入り口が壊れた。奥の女性はニコニコと私に手を振っていたので誰かと思えば、千歳のIさんの奥様
f0138096_22214937.jpg
奥宮の横で昼食を摂っていた千歳のI夫妻。昨年10月にニセコの山を一緒し、その後今年になって樽前山や紋別岳でもバッタリ。Iさんは今回の地震で現地に出張したらしい。ここで30分以上もご夫妻とあれこれお話をした
f0138096_22215336.jpg
溶岩ドームの壁も地震で一部崩落した形跡がある
f0138096_22220296.jpg
支笏湖と奥に霞んでいるけれど、羊蹄山と尻別岳
f0138096_22220630.jpg
西山の頂上から溶岩ドーム
f0138096_22223661.jpg
中央に風不死岳
f0138096_22223924.jpg
西山の頂上で、風不死岳に登ってきたというヤマップの有名人のくまさんとさおりんさんご夫妻。休暇村の温泉に入ったことがないと言うので、持参していた回数券を分けてあげ、ご夫妻は樽前神社奥宮経由で東山へ、私は時計回りで東山へ。東山を下りて木段のところでまた一緒になって温泉へ
f0138096_22224452.jpg
傷みだしたシラタマノキを前景に溶岩ドーム
f0138096_22224754.jpg
西山の分岐標識のところから樽前神社奥宮へと向かう二人は、くまさんとさおりんさんご夫妻だろうか?
f0138096_22225187.jpg
タルマエソウの紅葉を前景に
f0138096_22225412.jpg
溶岩ドームの壁が少し色づいている
f0138096_22225766.jpg
東山へ向かう途中でスライドしたOKさん
f0138096_22230187.jpg
左上に見える建物は、今話題の北電の火力発電所だろうか?
f0138096_22230548.jpg
すっかり頂上から虫が消えて快適。だが、ここから下山中にポツポツと雨が落ちてきた


by tarumae-yama | 2018-09-28 08:05 | 樽前山 | Comments(2)
Commented at 2018-09-28 16:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2018-09-28 21:35
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。

Facebookには登録していますが、殆ど使っていません。


名前
URL
削除用パスワード
<< 二日続けて樽前山、2018.9.27 イイネをもう一つ >>