徳舜瞥山とホロホロ山、2018.9.20

前回徳舜瞥山とホロホロ山に登ったのは7月11日のことで、その時は花をいろいろ見ることができたけれど、さすがに秋が深まって、見たのは枯れかけたエゾミヤマリンドウとウメバチソウ?のみだった。

紅葉はこれからのはずだが、上の方のナナカマドは葉を落としていたから、何とも予想がつかない。

この山は倒木などなく、台風の影響を全く受けなかったように見えるのだが、登山者はソロの男性3組とスライドしたのみ。
それとも、胆振東部地震が尾を引いているのだろうか、淋しい限りだ。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22315219.jpg
f0138096_22315504.jpg
6合目の水飲み場のS村さん
f0138096_22315975.jpg
たった1本の木だが、紅葉と言えば紅葉
f0138096_22320292.jpg
枯れかかったナナカマドの葉を入れて羊蹄山
f0138096_22320516.jpg
徳舜瞥山頂上のS村さん
f0138096_22320808.jpg
中央上に洞爺湖。右上に徳舜瞥山の頂上標識
f0138096_22321282.jpg
徳舜瞥山から、奥に支笏湖。左端に恵庭岳
f0138096_22321545.jpg
f0138096_22323972.jpg
ホロホロ山に向かう途中、上の2枚、バックに徳舜瞥山
f0138096_22324239.jpg
奥に羊蹄山
f0138096_22324541.jpg
支笏湖を挟んで左に恵庭岳、右に風不死岳
f0138096_22324926.jpg
同上
f0138096_22325408.jpg
また徳舜瞥山に戻って昼食
f0138096_22325707.jpg

振り返ってホロホロ山
f0138096_22330215.jpg
ナナカマドの葉を入れて徳舜瞥山
f0138096_22330543.jpg
葉を落としたダケカンバ
f0138096_22332314.jpg
ハイオトギリソウの紅葉
f0138096_22332687.jpg
終わりかけのエゾミヤマリンドウ
f0138096_22332908.jpg
昼食後、下山開始
f0138096_22333382.jpg
羊蹄山の左にアンヌプリ、前に尻別岳
f0138096_22333737.jpg
正面に恵庭岳
f0138096_22334071.jpg
f0138096_22334353.jpg
上の2枚、6合目の水飲み場の下で撮影



by tarumae-yama | 2018-09-22 08:18 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by S村 at 2018-09-22 09:41 x
 晴天に恵まれ、遠くの山々や雲もきれいに見えました。私は昨年の6月以来でしたがこの季節はお花が少ないのですね。紅葉はこれから見ごろになるのでしょうか。下山時にスライドした男性がフイルムカメラの大きなものと頑丈な三脚を背負っていてお話を聞けましたが、撮りためてる写真がいつか世に出て拝見したいなと思いました。ありがとうございました。
Commented by tarumae-yama at 2018-09-22 15:30
S村さん
コメントを有り難うございます。

予報通り後半は青空が広がり、気持ちの良い山行になりました。
ただ、この時期、花が少ないので紅葉には恵まれたかったですね。
これから見頃を迎えるのか一寸確信が持てません。

あのソロの男性のカメラ談義は凄かったですね。
中国製の大判カメラ、チェコ製のフィルム等々興味津々でした。
スマホで見せてもらった写真も空気感が惚れ惚れするほどでした。

またご一緒出来れば嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭岳の風倒木 楓沢下見、2018.9.18 >>