十勝岳と美瑛岳、2018.8.7ーその1ー

前日の速報版で8年ぶりの美瑛岳と書いた。
その時はH原さんと登ったのだが、今回と同じような素晴らしい天気と視界の良さだった。↓

H原さんは体調が今ひとつと言うことで、今回一緒することが出来なかったのは残念だった。

8年前は美瑛富士も登ったのだが、体調は良かったものの確実に体力が落ちていて想定外に時間がかかり、KさんとS村さんには申し訳ないと思いつつ、今回は無理をせずに美瑛岳からそのまま下山。

8月2日の大雪山同様、十勝岳も花が少なかった。
期待していた鋸岳から先、美瑛岳までの花畑も、イワブクロやメアカンキンバイは淋しい状況で、イワギキョウばかりが目についた。

美瑛岳から先の花の状況等については、次回の報告で記したいと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22425577.jpg
5時53分、望岳台を出発。エゾオヤマリンドウを入れ、奥に噴煙を上げる十勝岳
f0138096_22425693.jpg
避難小屋を越え、斜度が急になってきた
f0138096_22425668.jpg
エゾオヤマリンドウ
f0138096_22425614.jpg
大雪山もクッキリ。旭岳の噴煙まで見えるよう
f0138096_22425688.jpg
奥に十勝岳の頂上部
f0138096_22425794.jpg
これからが正念場
f0138096_22425729.jpg
富良野岳の左に夕張岳、すぐ右に芦別岳や西富良野岳
f0138096_22425759.jpg
8時58分、十勝岳頂上到着。下ホロカメットク山の先は雲海
f0138096_22425741.jpg
おやつタイムの後、先が長いので美瑛岳を目指し9時18分、十勝岳から下山
f0138096_22425808.jpg
f0138096_22434774.jpg
十勝岳の頂上部
f0138096_22435379.jpg
中央左上に美瑛岳、右に鋸岳
f0138096_22435639.jpg
鋸岳をトラバース中の同行者
f0138096_22435947.jpg
右上に鋸岳。休憩している男性は美瑛岳の避難小屋から来たという。自転車用のヘルメットなのが面白い
f0138096_22440340.jpg
f0138096_22440657.jpg
イワギキョウ
f0138096_22440983.jpg
左上が美瑛岳の頂上
f0138096_22441271.jpg
チングルマの綿毛を前景に境山や下ホロカメットク山
f0138096_22442672.jpg
チングルマの群生が見られた
f0138096_22443323.jpg
左端に下ホロカメットク山、十勝岳の右に富良野岳
f0138096_22443766.jpg
チングルマを入れて同行者
f0138096_22444809.jpg
アオノツガザクラも見られた
f0138096_22445401.jpg
GPSの軌跡


by tarumae-yama | 2018-08-09 07:19 | 日本100名山 | Comments(3)
Commented at 2018-08-19 22:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Miwa at 2018-08-20 11:31 x
すみません(;'∀') ↑非公開コメントにしたつもりはなかったのですが,なぜかなってしましました。風不死岳の記事と写真拝見しました!ブログに登場できて嬉しいです。またどこかのお山で遭遇出来たらいいなと思っております(^^)
ありがとうございました♪
Commented by tarumae-yama at 2018-08-20 20:29
Miwaさん
2度もコメントを有り難うございます。

私のブログをよく拝見しているとのこと、とても嬉しく励みになります。

この日の十勝岳と美瑛岳は素晴らしい天気と眺望に恵まれました。
今度チャレンジするときも晴天と眺望に恵まれると良いですね。

再び楓沢から登るにせよ、樽前、風不死岳から登るにせよ、一度苔の洞門コースで下りることをお勧めします。
機会があればぜひ!

またどこかの山でお会いできれば私も嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 十勝岳と美瑛岳、2018.8... 十勝岳と美瑛岳、2018.8.... >>