樽前山、2018.7.8

前日の予報がひどいものだったせいか、13時に7合目の駐車場に到着したとき満車ではあったけれど、路肩には3,4台しか停まっていなかった。

今日は何時ものお花畑コースからのスタートではなく、東山ルートを選択。
前日までの雨も、水はけの良い樽前山の登山道は乾いていて、スパッツは不要だった。

東山分岐から樽前神社奥宮までタルマエソウが登山道脇に沢山咲いているから、そこまで行って引き返し、東山のピークを踏んでお花畑コースへと下りた。

樽前山に群生しているエゾイソツツジとマルバシモツケはもう完全に終盤で、イワヒゲも終わっていて見つけるのは難しい。

今、タルマエソウがピークと思うけれど、場所によっては落花している株も多い。
それでも蕾の株も結構あるから、まだ1週間から10日くらいは楽しめると思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18214081.jpg
f0138096_18214313.jpg
左端のパーティーは西山に向かうのだろう
f0138096_18214635.jpg
f0138096_18214915.jpg
f0138096_18215287.jpg
溶岩ドームをバックに白いコマクサ。コマクサも終盤
f0138096_18215542.jpg
f0138096_18215904.jpg
溶岩ドーム。今日の煙は盛大
f0138096_18220269.jpg
雲海の上から羊蹄山
f0138096_18221843.jpg
東山頂上。風がそこそこあるせいか虫は少なかった。奥に風不死岳
f0138096_18222138.jpg
手前から932m峰の尾根?、風不死岳の尾根と一番奥に恵庭岳の尾根。頂上の岩塔もギリギリ見える
f0138096_18222414.jpg
途中スライドして挨拶したのはさびおさん?私のブログを見たことがあるとのことで写真を撮らせてもらった
f0138096_18222752.jpg
f0138096_18223022.jpg
上の写真の分岐標識のところで3人パーティーとあれこれお話をした。名古屋から来たそうで、左端がけんたろうさんで二人は下僕だそうだ。と、けんたろうさんは言いつつ、右端の男性は職場の先輩とのこと
f0138096_18223324.jpg
左端に夕張岳、中央付近に日高の山並みが見える
f0138096_18234000.jpg
f0138096_18234328.jpg
わずか数輪残っていたイワヒゲ
f0138096_18235098.jpg
これからシラタマノキがどんどん大きく白くなっていくのだろう
f0138096_18250334.jpg
ノギラン
f0138096_18250506.jpg
わずかに残っているエゾイソツツジ
f0138096_00194625.jpg

今日は知人に会わない樽前山かと思っていたのだが、下山準備中に登山にやってきた山友のgenesis1_1さん(左端)から声をかけられた。お隣はゆみさんとご主人のsamusamuさん。コマクサや雲海が見られて満足の樽前山だったらしい。今度皆さんと一緒に山に行けたなら嬉しい。ゆみさんは顔出しNGなのでマスキング


by tarumae-yama | 2018-07-10 07:53 | 樽前山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ハスカップジャム ハスカップの収穫と樽前山、20... >>