樽前山、2018.6.15ーその1-

ようやくH原さんの体調がほぼ戻り、山を一緒してもらえることになった。
今日は、S村さんと3人で樽前山のお花畑コースから西峰を目指した。

スタート時は快晴で、H原さんの復帰を祝っているようだった。
それにしても、9時過ぎに7合目の駐車場に到着したときはすでに満車で、ヒュッテの管理人さんから路肩駐車を指示された。
下山時に挨拶した折、平日なのに今日は100台を超える車がやってきたそうだ。

10日前の5日にお花畑コースを歩いたときは、ウコンウツギとエゾイソツツジが見頃を迎えていて、なおかつ花が輝くようにみずみずしくて感動したものだ。
今回、それらの花はお花畑コース周辺に限るとすでにピークは過ぎた。
代わりにマルバシモツケが主役に駆け上がろうとしている様子。

今、アパッチから上ではイワヒゲとエゾイソツツジが見頃で、特に932m峰と東山の分岐から西山へ向かう途中のエゾイソツツジは、群落になっていて見応えがあった。

ウコンウツギは、東山ルート7合目の展望台から木段辺りまで今がピークかも。
そして、いつの間にかコマクサも最盛期を迎えていて、斜面の白いコマクサの大群落には圧倒された。

肝心のタルマエソウだが、ようやく数株咲いているのを確認した。
1週間後には、そこそこ楽しめるのではないかと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_20473712.jpg
お花畑コースで、支笏湖ブルーがとても奇麗!
f0138096_20474063.jpg
エゾイソツツジ、みずみずしい白さは過ぎた。多分、6月10日頃がここではピークだったのかも
f0138096_20474550.jpg
先頭を行くH原さん、後ろにS村さん
f0138096_20474822.jpg
エゾイソツツジのお花畑の奥に932m峰
f0138096_20475340.jpg
マルバシモツケが咲き出した
f0138096_20475678.jpg
アパッチを行くH原さん
f0138096_20475932.jpg
イワヒゲ
f0138096_20480421.jpg
タルマエソウを入れて奥にイワヒゲ
f0138096_20481865.jpg
f0138096_20482260.jpg
上2枚もイワヒゲ
f0138096_20482610.jpg
まさに岩ヒゲ
f0138096_20482947.jpg
雨上がりの後だからか、今日の羊蹄山はクッキリ
f0138096_20483253.jpg
932m峰分岐でH原さん(左)とS村さん
f0138096_20483658.jpg
この辺りのエゾイソツツジの群落は圧倒されるほど
f0138096_20483973.jpg
同上。上に溶岩ドーム
f0138096_20484347.jpg
スライドするときに、tarumae-yamaさん?と声をかけられた。多分、初対面だと思うのだが、ヤマップのnoriGさんと奥様。私のブログを見てくれているらしい。駐車場でもお会いしてナガバツガザクラの場所を聞かれた。詳しく教えたつもりなので、次回見つけることが出来ればと思う
f0138096_20490371.jpg
そのナガバツガザクラ。もう花は終盤
f0138096_20490763.jpg
蕾のタルマエソウ
f0138096_20491004.jpg
伊達市のNさんと久しぶりにバッタリ。6年前に石狩岳で初めてお会いし、その後樽前山や伊達紋別岳などでもお会いしている
f0138096_20491418.jpg
コマクサ
f0138096_20491805.jpg
これだけ白いコマクサの群落は見たことがない
f0138096_20492289.jpg
7合目の展望台付近のウコンウツギは今が最盛期
f0138096_20492668.jpg
何とハナハナさんとまたまたスライド。5月27日に恵庭岳で久しぶりにお会いしたと思っていたら、3日後の5月30日に樽前山でお会いした。そしてまたまた半月後の今日お会いした。こんな偶然があるものだろうかと思う

by tarumae-yama | 2018-06-16 00:12 | 樽前山 | Comments(4)
Commented by mori at 2018-06-16 19:15 x
こんばんは☆
イワヒゲの岩ひげ、いいですね!(ザ・おや○ギャグ?)
そろそろシモツケが主役ですか。季節はほんと駆け足ですね。
花の群落を見に明日早起きして行こうと思ってたけれど、
天気が今ひとつですね~。どうしよ。
白いコマクサの群落は、人間(環境省)の抜き取り作戦が圧となったボトルネック効果ですね。
普通には見られない光景から、いっそうひずみを感じます。
Commented by S村 at 2018-06-17 10:24 x
 10日ぶりの樽前山でしたが、お花の様相がずいぶん変わるものだと思いました。また山の高度や日当たりなどでも違うのですね。雨の翌日からなのか支笏湖も遠くに見える山々もくっきりきれいでした。tarumae-yamaさんにはたくさん教えてもらいありがとうございました。白いコマクサの群落が印象的でした。
Commented by tarumae-yama at 2018-06-17 14:43
moriさん
コメントを有り難うございます。
アパッチより上ではまだまだみずみずしいイワヒゲやエゾイソツツジが見られると思いますが、お花畑ではこれからマルバシモツケが主役でしょうか。
今日はあいにくの曇り空ですね。
やはり青空の下で撮りたいですね。

なるほど、白いコマクサはボトルネック効果の影響なのですね。
昨年より白いコマクサの割合が増えたのと、赤い本来のコマクサが、薄いピンクに変わってきたように思います。
このピンクは東山に以前から多かったのですが、それにそっくりな色になっています。

富良野岳、そろそろハクサンイチゲが咲き出したようです。
でもピークはやはり来月でしょうか。
今年はぜひこの花の時期に行ってみてください。
Commented by tarumae-yama at 2018-06-17 14:47
S村さん
コメントを有り難うございます。
高山植物は1週間から10日くらいで次の花に代わるように思います。
次回樽前山を訪れるときは、きっとマルバシモツケがピークを迎えているかも知れません。
そして、次に控えているのがタルマエソウでしょうか。

恵庭岳では樽前山とは違う花が見られるので、次回は恵庭岳を一緒しましょう。
名前
URL
削除用パスワード
<< 十勝岳、2018.6.16ー速報版ー レンタルDVD >>