ニセコアンヌプリ、2018.6.1

五色温泉に向かう倶知安ニセコ線は、濃霧で路肩が判然としないほど視界が悪くて緊張した。
8時半までに全員集合したものの、この濃霧のためビジターセンター内で天気の回復待ちを余儀なくされた。

この視界の悪さにソロの女性が先行したものの、登山口が分からずうろうろしていたが、結局我々のトレースを見つけて後に続いた。

出だしこそ残雪があって登山道を覆っていたけれど、すぐに夏道が現れた。
だが、地元のM夫妻の話では、今年の雪解けは遅れているそうだ。
そのせいで、登山中にタケノコが採れることを楽しみにしていたものの、見つけたのは行者ニンニクが少々だけだった。

花も寂しい状況だった。
カタクリの花こそ終わっていたものの、ノウゴウイチゴやヒメイチゲ、コキンバイ、ムラサキヤシオツツジ、山桜等を少々見たのみ。
ただ、南峰まで足を延ばしたのだが、その稜線はキバナシャクナゲのお花畑だった。
この花が好きだというブログ読者のピータンままさんに見せたいと思った程、なかなかの群落で見頃を迎えていた。

道警の山岳救助隊を除けば、我々が南峰にいる間に二組3名の登山者がやってきて早々に下山して行ったのみの、静かな平日のニセコアンヌプリだった。

山行記録
駐車場08:59→アンヌプリ頂上10:31~10:38→南峰10:52~11:25→アンヌプリ頂上11:35~12:00(昼食)→駐車場13:08
f0138096_21201279.jpg
30分ほど天気回復待ちで遅れて駐車場をスタート
f0138096_21201818.jpg
ノウゴウイチゴ
f0138096_21202233.jpg
ツツジを入れて同行者
f0138096_21202513.jpg
Mさんが蛇を捕まえた。撮影の後放免
f0138096_21202821.jpg
我々の直後に神戸からやってきたというソロの女性が頂上に到着
f0138096_15523845.jpg

その女性、Kさんに撮ってもらう
f0138096_21203617.jpg
南峰のM夫人と後ろにぶるままさん。バックにアンヌプリの頂上
f0138096_21203968.jpg
南峰の頂上周辺はキバナシャクナゲのお花畑
f0138096_21210182.jpg
神戸のKさんも一緒に
f0138096_21210621.jpg
2度目のアンヌプリ頂上。バックに南峰
f0138096_21211110.jpg
ちゃっかり(?)Kさんは、山岳救助隊の独身隊員の隣で記念写真に納まっている
f0138096_21211538.jpg
下山開始
f0138096_21212116.jpg
前方にチセヌプリや目国内岳などのニセコ連峰
f0138096_21212470.jpg
終わりかけのカタクリの花
f0138096_21215580.jpg
すっかり晴れたニセコアンヌプリの頂上部
f0138096_21215940.jpg
f0138096_21220251.jpg
無事、下山

by tarumae-yama | 2018-06-03 06:48 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭岳、2018.6.3 ニセコアンヌプリと三島さんの芝... >>