人気ブログランキング |

恵庭岳、2018.5.27

5月12日に恵庭岳に登ったとき、この冬の間に登山道を覆う倒木が増えたと書いた。
今回、その倒木は殆ど処理されていて、関係者の素早い対応に感心した。

第1見晴台までは雪が消えていて歩きやすかったものの、第2見晴台の手前にはまだ残雪があって少々気を遣った。
第2見晴台から先は自己責任になるけれど、やはり本峰の頂上に向かう登山者が何人もいたらしい。
ただ、ルンゼの所に張られている規制のロープを見て、頂上へのルートが分からず、踏み跡に導かれて意図せず西峰に来たという登山者がいたのにはビックリ。

その西峰への踏み跡が随分しっかりしたものになっていた。
個人的には、落石に遭う心配の少ない西峰へ向かう登山者が増えることは良いことだと思う。

本格的な夏山シーズンを迎え、これから晴れた週末は賑やかな恵庭岳になると容易に想像出来るけれど、この山は斜度がある上に登山道には浮き石も多くて決して侮れないと思う。

それなのに、下山専用コースで、支笏湖にドライブに来たついでに登ってみようとなったのか、とても登山に来たとは思えない格好の若いカップルがいた。
晴れた日の樽前山ならいざ知らず、あまりの心許ない様子にさすがに声をかけたけれど、何事もなく下山できただろうか。

とってつけたようだが、1合目から見られるツバメオモトも、6合目辺りに群生しているシラネアオイも、7合目周辺のエンレイソウの群落も見頃にはほど遠く、サンカヨウはまだ堅い蕾状態だった。
これらの花を楽しめるのは、6月に入ってからになりそうだ。
f0138096_13560309.jpg
ムラサキヤシオツツジ
f0138096_13563783.jpg
タチツボスミレ?
f0138096_13563771.jpg
f0138096_13564669.jpg
シラネアオイ
f0138096_13571089.jpg
コヨウラクツツジ?
f0138096_13571332.jpg
イワヒゲ、第1見晴台にて
f0138096_13571543.jpg
エンレイソウ
f0138096_13571880.jpg
第2見晴台の下でヤマップの直樹さんとスライド
f0138096_13572209.jpg
第3見晴台からの支笏湖
f0138096_13573585.jpg
オコタンペ湖と奥に小漁山
f0138096_13575432.jpg
シラネアオイを入れて支笏湖
f0138096_13575716.jpg
奥に本峰の頂上部
f0138096_13580076.jpg
羊蹄山の右にニセコ連峰
f0138096_13580372.jpg
3人とスライドした後、無人の西峰頂上でまったり
f0138096_13580655.jpg
中央に10日ほど前に登った中岳、その右に無意根山
f0138096_13581213.jpg
西峰頂上のコケモモを入れて奥に本峰頂上部

f0138096_18441124.jpg

西峰に取り付く登山者。ヤマップのBATA?さんと名のった
f0138096_13583254.jpg
イワウメ
f0138096_13583582.jpg
ミヤマエンレイソウ
f0138096_13583864.jpg
第2見晴台のイワウメとコメバツガザクラ
f0138096_13584122.jpg
ツバメオモト
f0138096_13585095.jpg
登山口駐車場は満車状態。スタート時に写す


by tarumae-yama | 2018-05-29 00:36 | 北海道100名山 | Comments(6)
Commented by nemophy at 2018-05-29 19:35 x
はじめまして、nemophyと申します。昨日の28日、恵庭岳の6合目上あたり(登り専用ロープの表示のあるところ)まで登り、時間の関係で下山しました。見晴台まで上がるとヒダカエンレイソウが比較的多く見られると聞いておりましたが、前日の27日は、咲いていたのだろうかと気になり、この記事を拝見しコメントさせていただこうと思いました。いかがでしたでしょうか?よろしければお教えくださいませ。なお、昨日はサンカヨウが一株咲いていました。エンレイソウとミヤマエンレイソウが複数並んで咲いているところもありましたが、ヒダカエンレイソウは咲いていませんでした。
Commented by tarumae-yama at 2018-05-29 22:02
nemophyさん
コメントを有り難うございます。
早速ですが、27日は私もヒダカエンレイソウを探しながら登ったのですが、見つけられませんでした。
ミヤマエンレイソウやエンレイソウの生長具合から見て少し早かったのかも知れません。

私が以前ヒダカエンレイソウを見たのは、第1見晴台を越え7合目と8合目の中間辺りで、登山道の山側でした。
もう一カ所は、頂上岩塔の下、標高で言えば1280m辺り、登山道の右側でした。

次回見つけられると良いですね。

Commented by nemophy at 2018-05-30 08:43 x
tarumae-yamaさん
コメント返信ありがとうございます。まだ時期が早かったのですね。咲いているばしょの情報、参考にさせていただきます。埼玉県民なのでなかなかハードルが高いですが、次回来れれば、6月初旬を考えたいと思います。今回の恵庭岳では、初めてのフチゲオオバキスミレのほか、たくさんのツバメオモト、開きかけのミヤマハンショウヅル、つぼみの混じるシラネアオイ、足下にあったレンプクソウ、フイリミヤマスミレなどのスミレもたくさん見られてうれしかったです。28日は雨が降ったり止んだりの天候で、展望ももうひとつでした。山の足下をかじっただけの山行でしたが、とても良い山だということはよく分かりました。長々とすみません。ありがとうございました。
Commented by tarumae-yama at 2018-05-30 20:02
nemophyさん
コメントを有り難うございます。
確信はありませんが、多分少し早かったのだと思います。
今日樽前山で会った花に詳しい知人の話でも、今年は少し遅れているようだと。

例年6月上旬ならヒダカエンレイソウに出会えるかも知れませんね。
来られることがはっきりしたときにまたコメントをいただければ、恵庭岳に探しに行ってお力になれたならと思います。

眺望の素晴らしい山ですから、その時晴れたら良いですね。
Commented by nemophy at 2018-05-31 12:27 x
tarumae-yamaさん
いろいろとご親切に有難うございます。
私も事前にしっかり調べて、次回北海道に行くことができるときのために備えたいと思います。
これからもtarumae-yamaさんのブログを楽しみに拝見したいと思います。よろしくお願い致します。
Commented by tarumae-yama at 2018-05-31 15:41
nemophyさん
何度もコメントを有り難うございます。

拙いブログですが、時々にでも遊びに来ていただければ嬉しいです。

名前
URL
削除用パスワード
<< 伊達紋別岳、2018.5.29... 恵庭岳で沢山の出会い、2018... >>