人気ブログランキング |

中岳、2018.5.16ーその2ー

たっぷり1時間近く頂上で昼食タイムを持った。
その昼食時、日高山脈を何年もかけて単独縦走したAさんからの、ヒグマとの遭遇話は興味深かった。
中でも金山コース下山時の夕張岳で、4,5m先でヒグマと対峙した時の話には、ぶるままさんとM夫人は身震いしながらも興味津々の様子だった。

下山時は、気温の高さもあって雪解け水が増水し、薄別川は濁った激流と化していた。

私のGPSでは往復18.98kmと表示された。
中々歩き応えのあるロングコースだったけれど、同行者とのおしゃべりが楽しくて、案外長い行程とは思わなかった。

今後の気温次第だが、進路上に笹が出てきて少々ルートファインディングが必要になったから、残雪期の中岳を楽しめるのはせいぜいあと1週間程度だろうか。
我々はギリギリのタイミングで登ることが出来、ラッキーだったと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_14115590.jpg
頂上に咲いていたコメバツガザクラ
f0138096_14121214.jpg
Aさんの身振り手振りでヒグマとの遭遇話に興味津々のぶるままさんとM夫人

f0138096_14122865.jpg
頂上から、円内に羊蹄山の頂上部がかすかに見える、かな?
f0138096_14125785.jpg
11時47分、ハイマツを漕いで下山開始
f0138096_14132640.jpg

頂上はキバナシャクナゲが一杯だった。満開の時は雪解けが進んで登れないだろうから、人知れずの花園なのか

f0138096_14135589.jpg
11時48分、ガスが流入してきた
f0138096_14140507.jpg
11時51分、頂上を振り返るMさん
f0138096_14140983.jpg
12時2分、思うコース取りで下山
f0138096_14141291.jpg
12時6分、無意根山がガスの中から見えだしてきた
f0138096_14141531.jpg
12時21分、写真の右に私の尻滑りの跡が見える
f0138096_14141880.jpg
同上
f0138096_14145001.jpg
12時24分
f0138096_14145361.jpg
12時26分
f0138096_14145785.jpg
12時30分
f0138096_14150183.jpg
12時45分、バックに無意根山
f0138096_14150461.jpg
12時51分
f0138096_14150883.jpg
12時54分、無意根山を撮るAさん
f0138096_14151168.jpg
13時27分、登った時の我々の足跡を見失い、少しの間沢地形を下る
f0138096_14155308.jpg
13時35分、林道に出る
f0138096_14155617.jpg
13時43分、カーブミラーを使って記念撮影
f0138096_14160082.jpg
14時18分、ミズバショウ
f0138096_14160310.jpg
14時19分、中央の下にカエルの卵が見える
f0138096_14160791.jpg
14時32分、こちらはサンショウウオの卵
f0138096_14161086.jpg
14時43分、無事下山


by tarumae-yama | 2018-05-21 06:16 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tarumaezan.exblog.jp/tb/29797614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 伊達紋別岳、2018.5.21... 中岳、2018.5.16ーその1ー >>