久住山(大分県)

妻の叔父は、岩見沢市にある農業高校で教師をしていたのだが、中途退職し、どのようなつてがあったのか私は知らないけれど、遠く阿蘇の牧場で場長の職を得た。

その時代、妻はまだ幼かった子供二人と両親の5人で、叔父の勤務する牧場を訪ねたことがある。

そんな昔の思い出が懐かしいのか、久住山にはぜひ登りたいと言っていた。
それで、祖母山に二人で登った翌日の阿蘇山では、登山口周辺で一人ブラブラしていたけれど、その翌日は張り切っていてどこか楽しそうな久住山の妻だった。↓


久住山の頂上で観た光景から11年、あの時妻の胸に去来するものはどのようなものだったろうか、と今にして思う。
f0138096_16224864.jpg
阿蘇山から、麓のミヤマキリシマツツジ

f0138096_16225485.jpg
登山口の近くで妻を写す。上の2枚は2007年5月15日の撮影
f0138096_16230281.jpg
阿蘇山下山後、温泉パスポートを使って入った黒川温泉「山みず木」の温泉は、清潔なのに歴史の重みが感じられてとても良かった。露天風呂もロケーションが素晴らしくてまるで天国のようだった。妻ともう一度訪ねてみたいと思っていたのだが・・・
f0138096_16230620.jpg
f0138096_16231408.jpg

f0138096_16231858.jpg
f0138096_16232348.jpg
f0138096_16235666.jpg
f0138096_16235907.jpg
f0138096_16240170.jpg
f0138096_16240403.jpg
上の9枚は、2007年5月16日の撮影。写真の上でクリックすると大きくなります


by tarumae-yama | 2018-05-11 12:39 | 日本100名山 | Comments(2)
Commented by yuri-ko20 at 2018-05-11 23:30
良い思い出ですね
ミヤマキリシマの季節になりました
今度久住を歩く事が有りましたら、お二人の想い出と一緒に
歩きますね
体調を崩し少し元気になった私を今のリーダーが山に誘ってくれました 
2007年の秋です
久住山牧の戸峠登山口から直ぐ上の東屋まで
何度休憩した事か、何とか沓掛山まで登ったのですが・・・
立っていられなかったですよ(笑)
久住は好きですが、いまだに沓掛山は好きになれません^^
Commented by tarumae-yama at 2018-05-13 09:54
yuri-ko20さん
コメントを有り難うございます。

阿蘇山から下山して、観光客の車が列になっている光景に驚きました。
車列の車から降り、血相を変えてトイレに急ぐ観光客の表情が忘れられません。

今、ミヤマキリシマの最盛期でしょうか?
あの阿蘇山のスケールの大きさに驚きました。
あのときの妻はそんなツツジに囲まれて嬉しそうでした。

私はもう登りに行くことはないと思いますが、ぜひこれからもお好きな久住山に何度も登れると良いですね。

お互いに何時までも健康で登山を続けられたらと思います。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 羊蹄山、2018.5.8ー同... 恵庭岳西峰とジャンダルム、2... >>