紋別岳、2018.4.26

昨日函館で、今日は札幌で桜の開花宣言があったらしい。
何でも札幌は平年より7日、昨年より2日早い開花とのことだ。

そう言えば、今日支笏湖の湖畔でキタコブシが白い花を咲かせているのを今年初めて見た。

3月3日以来の紋別岳に昼近くから登って来た。
さすがに、駐車場から途中まですっかり雪が消えていた。
しかし、頂上まで4849mある保全道路(登山道)のうち、3000mから先はたっぷりの残雪で、多分GWでも消えずに残っているかも。
先日の風不死岳北尾根といい、今年は登山道の雪解けは例年より遅れている気がする。

頂上まで登山靴で全く問題ないけれど、埋まって雪が入るかも知れないのでスパッツは必要だろう。
私はスパイク長靴を使った。
それもピンの殆ど抜けた古い長靴だから、途中まで出ている舗装面を傷付けぬよう少しは配慮した。

山行記録
頂上まで保全道路を使って登りに1時間25分、下りは途中まで直登コースを使って55分。
f0138096_17463992.jpg
丁度中間地点辺り。この先も舗装の出ている所があるけれど、思いの外残雪がたっぷり。奥に頂上のアンテナ塔が見える
f0138096_17464559.jpg
雨上がりのせいか、支笏湖も山も奇麗
f0138096_17464901.jpg
恵庭岳の大沢や漁岳はまだ尻滑りが出来そう
f0138096_17465215.jpg
スライドした男性二人組は関東からの観光客のよう。ペットボトルだけ持って革靴で登った様だから、靴下はベチャベチャになっているらしい。こんなスタイルで登るのが信じがたい
f0138096_17465530.jpg
頂上は全く雪がないけれど、すぐ下の道路までたっぷりの残雪
f0138096_17465963.jpg
無人の頂上で、今日の昼食はふうれん大福

f0138096_17470369.jpg
美味しい!

f0138096_17470870.jpg
恵庭岳をバックにフキノトウ

f0138096_17471157.jpg
同上、空をバックに
f0138096_17471558.jpg
登りの時は気がつかなかったけれど、駐車場から1kmほど登った保全道路脇にエゾエンゴサクが咲いていた


by tarumae-yama | 2018-04-26 18:02 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 韮崎周辺の桜 樽前山(932m峰)から風不... >>