山友のTOMさん

起床すると抜けるような青空が広がっていた。
支笏湖のライブカメラも、快晴の空をバックに恵庭岳がくっきりだった。
怪我で山に行けないのが、本当に残念だ。

昨日、左足の腫れと痛みが増してきたように感じ、湿布のかぶれから来たものと判断し、皮膚科の専門病院に行ってきた。
医師の診断は、何と感染による蜂窩織炎というものだった。

その後、医師の説明ややりとりがあったのだが、詳細は再受診の23日に記事に出来たらとは思うけれど、28日からの韓国桜見物の旅行は断念することになるかも知れない。

そんなことで、昼前意気消沈して帰宅すると、直後にTOMさんからの電話。
仕事で千歳に来ているから顔を出したいと。

このところ山友は、みんな千歳に用事があると言って見舞いに来てくれる。
「バードウォッチングカフェ」が休みでなければ、TOMさんもそこで昼食を一緒したところだが、我が家でカップ麺しか出されなかった彼には申し訳なかった。

でも、周りを気にすることなく3時間もあれこれお話が出来たのは何よりだった。
f0138096_09243788.jpg
登山スタイルのTOMさんしか知らないので、背広姿が新鮮。それにしてもカップ麺一つの昼食が申し訳なかった。妻がいたならせめてカレーライスくらい作ってくれたと思う
f0138096_09244470.jpg
最近読んだ本だが、遠藤郁子「いのちの響き」は、離婚と同時に財産を全て失い、更に乳がんに罹るという人生のどん底を経験して再起しているだけに、畏敬の念でしみじみ読んだ。彼女のファーストアルバム「序破急幻」はショパンのピアノ曲集CDだが、初めて聞いたときは衝撃的だった。
「破婚」は、アニメソング「残酷な天使のテーゼ」の作詞家、及川眠子の18歳も年下のトルコ人(正確にはクルド人)との13年間の結婚生活をメインに書かれたものだが、まるでドラマのような内容に圧倒された。
「ゼロ葬」は終活を考える上でヒントを得たように思う。
「わが子が・・・・」は著者には申し訳なかったけれど、全然面白くなくて途中で投げ出してしまった

by tarumae-yama | 2018-03-21 09:53 | 日々の出来事 | Comments(8)
Commented at 2018-03-21 21:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by M夫人 at 2018-03-21 22:50 x
蜂窩織炎になってしまったんですね。小さな傷があったのでそこから感染してしまったのだと思いますが…ただでさえ骨折で足を痛めているのに酷い病原菌ですね。
でも湿布かぶれだと思ってそのまま放っておかず皮膚科に行って蜂窩織炎だとわかったのは不幸中の幸いだったかもしれませんね、そのまま放っておいたら更に悪化してしまったかもしれないので。
TOMさんが来てくれて嬉しいですね。
山に行けなくても楽しくお喋り出来る山友さんがいるのは幸せなことかもしれません。
蜂窩織炎が良くなって韓国旅行に行けるようにおまじないしておきますね!
Commented by tarumae-yama at 2018-03-22 08:42
TOMさん
コメントを有り難うございます。
今度千歳まで仕事で来たときは「バードウォッチングカフェ」で昼を食べましょうね。
ただし、月曜日と火曜日が定休日(冬期間)です。

昨日は奥様と漁岳だったのですね。
最高の天気と眺望でしたね。羨ましくブログを眺めていました。
M夫妻も羊蹄山だったのですね。

今日は昨日漁岳でお会いしたというゼロポ7さんが我が家に来る予定です。
昨日や多重滑落者がでた18日の漁岳のことが聞けそうです。

早く完治して皆さんと一緒したいです。
Commented by tarumae-yama at 2018-03-22 08:49
M夫人さん
コメントを有り難うございます。
メールであれこれ報告しようと思っていたところでした。
明日、もう一度皮膚科で診てもらう予定ですが、多分韓国旅行は悲観的ですね。

明日中に判断しないとキャンセル料が旅行代金の半分になるそうで、タイミングの悪いことでした。

薬を飲んでいるのですが、歳のせいもあり中々症状の改善が見られません。
注射にしてもらった方が良かったかも知れません。

昨日は羊蹄山だったのですね。
この時期に登るM夫人は凄いです。
来月からまたご一緒出来ればと願っています。


Commented by khamak2 at 2018-03-22 22:02
こんばんは。
びっくりして何とコメントして良いか分からず遅くなりました。
自分だったらこの際、入院してガッチリ抗生剤点滴してもらいます。
病院の食事は美味しくないかもですが(>_<)栄養バランスは良いので感染治癒にもいいと思うし。
僭越ですが治りの早いこちらをお勧めします。
万が一菌が骨に入ったり全身に回ったりしたらもう大変ですから(>_<)
お元気ですし、入院なんてオーバースペックに思えるかもですが、登山ギアもカメラレンズもオーバーと思うくらいがいいんですよね(^^;;
Commented by tarumae-yama at 2018-03-23 12:08
khamak2さん
コメントを有り難うございます。
実は、昨夜電話でプロのご意見を聞きたいと思っていました。
今日、血液検査の結果が医師の予想より良かったようで、入院までしなくても良いかもとのことでしたが、左足も骨折しているのではないかと疑っている様です。
腫れが思っているより引いていないようなので。

何れにしても、切り札と言われる薬を飲んでいるので、来週の火曜日まで様子見となりました。
早く左足の腫れと痛みが取れて欲しいです。

来月には山をご一緒出来るのではないかと勝手に想像しています。
Commented by khamak2 at 2018-03-24 12:08
血液検査の結果は良かったですねε-(´∀`; )
でも痛いうちは安静にされていたほうが絶対良いと思います(。-_-。)入院すれば否が応でも安静にするし、足の怪我の部分に負担のないリハビリもしてもらえますし。
病院ってそんなに居心地悪いところではないと思いますよ!(´∀`)
って思うのは私だけかもしれませんが…

Commented by tarumae-yama at 2018-03-24 18:11
khamak2さん
コメントを有り難うございます。

白血球の値など、正常範囲内だったようです。
ですが、感染症の切り札という高額?な薬を飲んでいるのにもかかわらず、この数日全く腫れと痛みは軽減されていません。
内出血の跡は随分奇麗になってきましたが。

来週また皮膚科に行くので、それまでに好転していなければいよいよ入院も考えようかと思っています。

もし入院することになれば、妻がガンでお世話になった病院ですから、食事の美味しいことは体験済みです。
昨年、私も検査入院していましたし。

音楽と読書三昧の生活も悪くないと思っています。
なので、来週の結果次第です。
名前
URL
削除用パスワード
<< フクロウ、2018.3.18... フクロウ、2018.3.18 >>