丹鳴尾山と鳴尾山、2018.2.25

3日連続で山に行ったため、その報告が溜まってしまった。
この後も山行予定があり、即時性こそが私のブログの売りだが、どうもその看板がぐらついて来ている。

タイトルの山の報告は、すでにi-tomoさんとikenoyaさんがヤマレコにアップしているので、今回は、それを紹介して私の山報告は省略させてもらおうと思う。↓


ただ、スタート時、ゲート前で準備していた男性は何と近郊の街のAさん(本名のアルファベットではない)だった。
支笏湖周辺の山では昔から何度もスライドしているけれど、2年前に上ホロカメットク山でお会いして以来だろうか。

私のブログを見てこの山に登りに来たが、今日は女性と二人でお忍びの山行だから、名前も写真もあげないでとのことだった。
お孫さんもいるAさんだが、その気持ちの若々しさが羨ましい(^o^)

我々が805mピークの鳴尾山まで足を延ばしている間に、丹鳴尾山をピストンした登山者が沢山いたようで、下山時はトレースが一級国道並に広がっており、路側帯にも車が増えていてビックリだった。

今後の降雪量や気温にもよるけれど、多分3月一杯は登れると思うので、これから週末毎に多峰古峰山以上に賑わいそうな気がする。

蛇足だが、2月26日に漁岳から小漁山経由でオコタンペ湖を横断した時、同行のSさんのスノーシュー(モンベル製)が壊れて応急処置で下山した。
そして私のLightning Ascentも、翌日27日に漁岳から様茶平山まで縦走した後自宅でチェックすると、またも左右3本のリベットが取れていた。

もちろん、私がボルトとナットで補修した箇所ではないけれど、本当にこの機種の堅牢性には信頼が持てない。

読者の皆さんも、山行前後の点検を忘れずに。
f0138096_15551733.jpg
スタート時は降雪で山を変更しようかという話も出たけれど、強行
f0138096_15552096.jpg
f0138096_15552311.jpg
丹鳴尾山の頂上
f0138096_15552507.jpg
i-tomoさんから干し柿をいただく
f0138096_15552984.jpg
一瞬白老3山が見え、撮影をするikenoyaさん
f0138096_15553264.jpg
正面に見える805mピークの鳴尾山を目指す
f0138096_15553871.jpg
f0138096_15555344.jpg
鳴尾山頂上は目前。前方に山スキーのパーティが見える
f0138096_15555707.jpg
支笏湖と風不死岳が見えてきた
f0138096_15560030.jpg
鳴尾山の頂上は目前
f0138096_15560322.jpg
頂上のすぐ近くで昼食中のMさん達のパーティ
f0138096_15560674.jpg
鳴尾山頂上の木にピンクテープをつけるikenoyaさん
f0138096_15561128.jpg
正面にさっきまでいた丹鳴尾山
f0138096_15562891.jpg
ikenoyaさんからケーキをいただく。2月23日が誕生日だったi-tomoさんのお祝いのケーキとのこと
f0138096_15563137.jpg
ソリで爆走中のikenoyaさん
f0138096_15563496.jpg
我々の前をスキーの3名パーティが行く
f0138096_15563735.jpg
丹鳴尾山の頂上まで戻ると、ツェルトを張って休憩中のMさん達とは別のパーティが
f0138096_15563940.jpg
路側帯に車が増えていた。カメラは防水カメラで撮影したので画質が悪い<(_ _)>


by tarumae-yama | 2018-03-01 07:04 | 登山 | Comments(2)
Commented by かっぱ at 2018-03-03 16:20 x
丹鳴尾山のMパーティーの片割れです。ところどころ写っていて恐縮です。またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。
Commented by tarumae-yama at 2018-03-03 21:50
かっぱさん
コメントを有り難うございます。
その節は色々山の情報をありがとうございました。
山友の希望で、中旬に丹鳴岳からフレ岳経由オコタンペ湖の縦走を計画しました。かっぱさんのアドバイスを参考に。
晴天を期待したいです。
あの日、Mさんのブログを教えていただき、リンクしてあるかっぱさんのブログも拝見させていただきました。
スキーは活動範囲も時間もたっぷり取れて羨ましいです。

こちらこそ山でまたお会いできるのを楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 漁岳、小漁山からオコタンペ湖... 漁岳から北漁岳経由様茶平、20... >>