人気ブログランキング |

シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10

今日(10日)は6名で白老3山の予定だったのだが、悪天のために延期。
だが同行予定のM夫妻から、雨でなければ悪天でも幌平山辺りを登りたいと言う。

結局、未踏だというシリセツナイ山を登ることになった。
午前8時前に集合場所の紋別岳の駐車場に着くと、すでに雪が降っていて視界が悪いにもかかわらず3台の車が停まっていた。

天気は下り坂という予報に、M夫妻と合流後、早速スノーシューでスタート。
直後に早々と下山してきたのは、何と日高門別町の医師のMさんだった。
以前、子息のHiro君達と一緒に恵庭岳やイチャンコッペ山などを登っている。
Mさんのブログ↓



紋別岳の保全道路を1200mほど歩いてから520m峰へ繋がる尾根に取り付いた。
頂上は樹木に遮られて展望がないシリセツナイ山に登るのはよほど山好きな者と思っているけれど、前日のものかスノーシューの跡が520m峰を越えシリセツナイ山まで続いていた。

降雪のせいもあって途中眺望がなく、写真を殆ど撮らず黙々と登った結果1時間少々で頂上到着。
このまま下山したら休暇村の温泉入浴時間まで1時間以上も待たなくてはならない。
そこでM夫妻は、これまた未踏のモラップ山にも登りたいと。

急遽そんなことになり、頂上からピストンすることなく支笏湖小学校裏へ延びる南尾根を使って下山。
下りはわずか25分ほどだった。

それから車で昔スキー場があった先まで移動し、早速スノーシューを装着、50分ほどでモラップ山の頂上。
下山もあっと言う間で、二つの山を登っても4時間かからなかったけれど、湿り雪でスノーシューが重く、結構足にきた山行だった。

終始雪とガスのために殆ど眺望がなかったものの、おしゃべりを楽しみながら気持ちの良い汗をかくことが出来た。

それにしても、M夫人の「天気の良い日は眺望の良い山に登り、こんな悪天の時は眺望のない山にすると全然悔しくない。」という発想には妙に納得してしまう。
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18113132.jpg
スタート直後スライドしたのは何とMさんだった。M夫妻とは初対面
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18113463.jpg
保全道路から右の尾根に取り付く
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18113922.jpg
520m峰を下り、コル付近からシリセツナイ山への登りで撮影
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18114158.jpg
途中の小さな雪庇の上に立つM夫人
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18114484.jpg
ピンクと緑色のテープがあるだけのシリセツナイ山頂上。樹木のために展望が利かない
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18114701.jpg
頂上でマスクをしたM夫人
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18120046.jpg
頂上から支笏湖小学校裏に続く尾根を下る
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18120306.jpg
下った先は、支笏湖温泉街の郵便局と駐在所の間に出る。郵便局の屋根のつららが凄い
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18120619.jpg
途中はしょって、モラップ山の急な尾根を登る
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18120961.jpg
コル部分に出た。奥に支笏湖が見える
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18121248.jpg
支笏湖を右手に見ながら頂上までもう少し
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18121530.jpg
広い頂上に到着。新しい標識がつけられていた
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18123757.jpg
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18124063.jpg
すぐ近くに古い標識がある
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18124348.jpg
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18124602.jpg
モラップ山の頂上でM夫人からいただいた(バレンタインデー)チョコ
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18124952.jpg
悪天だしこんなマイナーな山だから誰にも会わないと思っていたところ、千歳在住のヤマッパーさんとスライド。明日のための下見登山とか
シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10_f0138096_18125316.jpg
無事下山。写真の上でクリックすると大きくなります。オリンパスの防水カメラTG-850で撮影

by tarumae-yama | 2018-02-11 00:31 | 登山 | Comments(6)
Commented by tmurakami0520 at 2018-02-11 03:32
 tarumae-yamaさん、久し振りの再会でお元気そうなご様子で大変嬉しかったです。山登りで、体は元より心の健康を保たれているご様子に、お話ししたいことが溢れてしまって、還って言葉が出ませんでした。
 Mさん夫妻との出会いも新鮮で、個性豊かなメンバーに「山を楽しむ」別の側面を感じました。気の知れた仲間と感動を共有しながらの山行は、悪天候を跳ね返して楽しそうですね。是非、私も白老三山や漁岳等にお誘い頂ければ嬉しい限りです。これからも、ブログを楽しみにしております!
Commented by よね at 2018-02-11 15:15 x
 初めてコメントします。
札幌近郊の山や森のブログを検索していたら、こちらのブログにつながりました。
当方、森の散策が好きで、趣味で撮影した写真をブログにアップしています。
支笏湖に行くことも多いのですが、季節により湖面の色が全く異なるのに驚かされます。雲海に出会ったこともありました。
 自分の庭のように自由に樽前山を歩き回るtarumae-yamaさんが羨ましいです。
 これからも季節の情報を発信して頂けたらと思います。
Commented by tarumae-yama at 2018-02-11 21:45
tmurakami0520さん
コメントを有り難うございます。
昨日はビックリしました!
初めてお会いしたときもこの紋別岳でしたね。
あれこれ積もるお話もあったのですが、同行者がいたのと天気が下り坂で雨の可能性もあって失礼しました。

M夫妻は、こんな私に何時も山をつきあってくれ、本当に感謝しています。
妻を亡くした直後でしたから、何時も笑顔でテンションが高く、私には本当に言葉に出来ないほど有難い存在です。

前のパソコンが壊れたときにメールアドレスが消えてしまいました。
山の件、了解ですが、メールアドレスを非公開コメントで教えてくれませんか。

ブログ、久しぶりに拝見しました。
Hiro君大きくなりましたね。
Commented by tarumae-yama at 2018-02-11 21:56
よねさん
コメントを有り難うございます。
樽前山に限らず、支笏湖周辺の(登山道のある)山をまんべんなく年中登っています。
確かに、支笏湖の湖面の色は季節によって変化しますね。
大雨の後に色が緑色に変わることもあります。

登山が私の健康の維持に役立っていると思いますが、高齢になったので何時まで続けられるものでしょうか。

拙いブログですが、また遊びに来ていただければ嬉しいです。
Commented at 2018-02-12 16:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2018-02-13 08:45
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。

またご一緒出来る日を楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 伊達紋別岳、2018.2.11... 七条大滝、2018.2.8 >>