人気ブログランキング |

幌平山まさかの2往復、2018.2.7

支笏湖のライブカメラを見ると、青空をバックに恵庭岳がクッキリだった。
それで幌平山に登りに出かけた。

だが、朝食後食器洗いやメールを2,3本発信しているうちに登山口をスタートしたのは昼近くになり、青空がみるみるなくなって小雪までちらつきだした(^_^;)

昨年11月と12月に幌平山に登った時は、この山の斜面をトラバースし、イチャンコッペ山との分岐から東尾根を使った(直登できるほど積雪がなかったから)。

今回は斜面に十分な積雪があったため、トラバースすることなく幌平山の頂上に向かって小さくジグを切りながらダイレクトに登ることが出来た。
それは、駐車場でお話をしたヤマップのmomo chaさんのトレースを使ったためだが、彼女も登りでは古い踏み跡をたどっていた。

無人の頂上で写真の妻と二人で昼食を摂り、下りもソリ滑りをしながら下って行ったmomo chaさんのトレースを忠実に使ったのだが、彼女は途中で登りのコースから大きく外れて右の沢に向かっていた。
おかげで(?)、スノーシューでもずぼずぼ埋まったけれど、駐車場のすぐ上に出ることが出来た。

ところが、車に戻ったところでカメラケースを頂上に忘れてきたことに気がついた。
同行者がいたり山がイチャンコッペなら買ったばかりのケースとはいえ諦めたと思うけれど、幌平山だからもう一度向かった。

板チョコとスポーツドリンクだけ持って必死に登ったので、40分足らずで頂上に着き無事回収出来た(^o^)。
ヤレヤレだったが、思いがけずよいダイエットにはなったと思いたい(^_^;)
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12051371.jpg
駐車場でソリを持って下山してきたヤマップのmomo chaさんとあれこれお話をした。後ろの車の登山者はスキーで幌平山に登り、momo chaさんの直後に下りてきたから、私が登りだしたときはもうイチャンコッペ山にも幌平山にも登山者は誰もいなかった
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12051678.jpg
momo chaさんの赤い車と私の赤い車が見える
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12051918.jpg
幌平山の頂上直下
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12052203.jpg
雪庇が崩れ落ちている。奥に旧反射板ピーク
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12052557.jpg
風紋と奥に紋別岳方面だが、雪のため霞んでいる
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12052864.jpg
スノーシューの跡が風で削られて化石のようだ
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12053995.jpg
頂上近くの雪庇が崩れている
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12054229.jpg
1月下旬に頂上標識がなくなっているという話を聞いていたが、早速どなたかが新しい標識を取り付けてくれた
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12054517.jpg
頂上のすぐ近くで雪庇が崩れていた。すぐ下にトレースがある。直撃されなくて良かった
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12054810.jpg
支笏湖すら霞んで見えない
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12055144.jpg
少し支笏湖が見えてきた
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12055574.jpg
恵庭岳も霞んでいる
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12060538.jpg

頂上と雪庇
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12060856.jpg
momo chaさんのソリの跡をスノーシューで下る
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12061123.jpg
駐車場のすぐ上に出た
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12061475.jpg
2度目の幌平山から下山すると、支笏湖と対岸の山もクリアに見えてきた
幌平山まさかの2往復、2018.2.7_f0138096_12061909.jpg
回収したカメラケース


by tarumae-yama | 2018-02-09 07:07 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 七条大滝、2018.2.8 札幌雪祭り、ーSさんからの写真ー >>