人気ブログランキング |

福寿草-2016年春-

我が家の庭の雪が、このところの陽気で一部地面がやっと見える様になった。
それでも例年よりずっと雪解けが早いと感じる。

郊外の沼は更に早い雪解けで、すでに水辺のあちこちで福寿草が咲いていた。
枯れ葉の中や残雪際からの鮮やかな黄色が目に染みる。

福寿草を見て、北海道にもようやく春が訪れたと実感する。
だが、横に妻がいないことが寂しい。何時までも女々しいとは思いつつ。
福寿草-2016年春-_f0138096_1134787.jpg

福寿草-2016年春-_f0138096_1135767.jpg

福寿草-2016年春-_f0138096_11479.jpg

福寿草-2016年春-_f0138096_1141784.jpg

福寿草-2016年春-_f0138096_114279.jpg

福寿草-2016年春-_f0138096_1144235.jpg

上の6枚、3月18日に千歳市郊外の沼で撮影。カメラはOLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
福寿草-2016年春-_f0138096_1152697.jpg

福寿草-2016年春-_f0138096_1113193.jpg

上の2枚は今は亡き妻。まだ元気だった頃の2013年4月15日の撮影。同じ場所で
追加
福寿草-2016年春-_f0138096_1421142.jpg

福寿草-2016年春-_f0138096_14212698.jpg

福寿草-2016年春-_f0138096_14213799.jpg

多分、コバイケイソウ。上の3枚は3月20日千歳市中央で撮影。カメラはCANON PowerShot G5 X
by tarumae-yama | 2016-03-20 07:19 | | Comments(10)
Commented by mori at 2016-03-20 16:47 x
福寿草、きれいに咲いていますね!
私は今日行ってみましたが、寒くて半開きでした。
tarumae-yamaさんは良いときに行かれましたね。
奥様も一緒にきれいなところを見てますよ、きっと。
Commented by tmurakami0520 at 2016-03-20 18:51
こんにちは。
福寿草が種から咲くまで5年かかります。
光が差すと咲き、日陰では閉じてしまう福寿草。
この後、カタクリやツクモグサなど可憐な花が、人間の世界では何も無かった様に咲きます。
tarumae-yamaさんの、心の中に咲く奥様の思い出は、tarumae-yamaさんの命(愛)の光に照らされて永遠に輝き続ける事でしょう。
未練なんかではありません。
「死」は命の仮の姿であり、tarumae-yamaさんの心の中で「生」き続けているのです。

ありのままに表現される「写真の心の世界」にtarumae-yamaさんの心の暖かさを感じます。有り難うございました。
Commented by くーた at 2016-03-20 22:22 x
こんばんは。
今日寄ってきました。何とかたどり着くことができました。moriさんと思われる足跡に助けられました。
15時頃でしたのでもう閉じたのかと思っていましたが、寒くて開き切らなかったのですね。
それもあって寂しい場所との印象を受けましたが、tarumae-yamaさんの写真を見るととても素敵な場所と思えてきます。
Commented by tarumae-yama at 2016-03-21 21:11
moriさん
コメントを有り難うございます。
私が行ったときはタイミングが良かったのですね。
蕾も良いですが、大きく開いている方がアップで撮りやすいですし、見映えも良さそうに思います。

この週末は見頃かも知れませんね。
その時一緒に水芭蕉が沢山見られると良いですね。

i-tomoさんもご一緒したいそうなので、待ち合わせて皆さんで花鑑賞と行きませんか?
妻も賑やかな方が喜びそうです。
Commented by tarumae-yama at 2016-03-21 21:27
tmurakami0520さん
コメントを有り難うございます。
福寿草を初め、花によっては開花まで長い年月がかかるものがあるのですね。
それだけに大切にしたいですね。

妻の事では色々と有り難うございます。
ただ、心の中で生きているとしても、やはり私より先に逝って欲しくなかったし、出来る事なら一緒にと言う、今となっては取り戻せない思いが強いです。

写真の事では以前も書きましたが褒めすぎです。
私は妻から、〇〇さんのようなセンスがないと何時もコテンパンでした。



Commented by tarumae-yama at 2016-03-21 21:32
くーたさん
コメントを有り難うございます。
中々分かりにくい場所だと思いましたが、さすがですね。
山の帰りなら、中々綺麗に咲いている状況の福寿草には出会えないかも知れませんね。
もう10日くらいして水芭蕉が満開になっている頃訪ねたなら、寂しいという印象もかなり違うかも知れません。
Commented at 2016-03-22 18:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2016-03-22 23:26
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。
お互いに色々とあったのですね。
そして、多分これからも色々大変なことがあるのでしょうね。
妻を失った寂しさのせいか、もう何時死んでも良いと思っています。
妻のものを処分しながら私のものも処分し始めました。
日記やアルバムなど多分子供達には扱いに困るでしょうから。

リンクの件、有り難うございます。嬉しいです。
そして、山でお会い出来ればと願っています。
Commented by M夫人 at 2016-03-23 17:07 x
福寿草、とっても綺麗に咲いていますね。
私はこの花の名前も可憐な感じもとても好きです。
tarumae-yamaさんの撮る写真が素敵なので見に行ってみたくなりました。
それにしてももう福寿草が咲く季節になったのですね。
この花が咲くと春が近付いてきたなぁと実感します。
Commented by tarumae-yama at 2016-03-24 10:51
M夫人さん
コメントを有り難うございます。
やはり、道民には雪解け直後に見られる黄色い福寿草には幸せというか、特別な想いがありますね。
ご希望なら山の帰りにでもご案内しますが、多分そちらの方が群落になっているのではないかと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< オオハクチョウとヒシクイ 水芭蕉 >>