人気ブログランキング |

七条大滝と支笏湖氷濤まつり、2月4日-速報版-

気温こそ-8度と低かったものの快晴無風の中、風不死岳の北尾根コースを登り始めた。
入山名簿によると最終記入者は、1月30日だったが、その登山者は何と来月エベレストに挑戦する小幡さんだった。

意気揚々とスタートしたのは良かったけれど、やや湿った新雪にスノーシューでも2,30cmは埋まる。
林道歩きだけで息が乱れ、尾根に上がってから吹き溜まりがあれば腰まで埋まりひどく消耗するだろう。
そんな状況なら4時間かかっても頂上に着かないかも知れないし、何よりソロでは2時間以上ラッセルするだけの体力がない。

残念だが、頂上に立てそうもないなら早めに断念しようと尾根に取りつく前に引き返した。
転進先は紋別岳に決めたのだが、その前に途中の七条大滝で写真を撮ろうと。
だが、ここでもスノーシューが埋まって、往復に予想外の時間がかかってしまった。
そんな事もあって紋別岳も諦め、結局支笏湖で開催中の氷濤まつりを見て帰宅することに。

軟弱ぶりが情けない。

とりあえず、写真を数枚アップし、明日以降改めて記事にしたい。
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_14181150.jpg

f0138096_14182868.jpg

上2枚、七条大滝の氷柱。1月25日の時より成長しているけれどまだ例年より小さい
f0138096_14183777.jpg

氷濤まつりの会場から、白く輝く樽前山と右に頂上に立つはずだった風不死岳。飛行機雲が見える
f0138096_14184632.jpg

氷濤まつりの会場。中央奥に支笏湖と恵庭岳が見える
by tarumae-yama | 2015-02-04 14:33 | アウトドア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://tarumaezan.exblog.jp/tb/23632920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by OBTA at 2015-02-06 20:57 x
今シーズン行ってないな~と思い、そろそろ雪も深くなって上部が面白くなってるかな…と思いきや、雪の少なさに驚きました。ちょうどその後日吹雪になったので、吹き溜まりが深かったのでしょうね(^^)
お疲れ様でした。また再度チャレンジですね!
Commented by tarumae-yama at 2015-02-07 11:14
OBTAさん
コメントを有り難うございます。
あの日、 OBTAさんはラッセルに苦労されたのではないかと下山時刻を見て思いました。
二人以上だと吹き溜まりの突破も頑張れるのですが、ソロだとまるで意気地無しです。
再チャレンジしてから恵庭岳の冬尾根だと良いのですが。
ご一緒出来るのをSさん共々楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< オジロワシ 多峰古峰山、2月1日 >>