人気ブログランキング |

南白老岳、10月5日

ホロホロ山から下山し、南白老岳の入渓地点に向かった。

もう5分ホロホロ山の駐車場を出るのが遅かったなら、ブログを相互リンクしているmoriさんとも1年ぶりにご挨拶出来たのだが、それが叶わず残念だった。

ともあれ南白老岳には、2011年の残雪期晩秋の頃にH原さんと登っている。
今回、三階滝川の両側の紅葉を期待してEi-taroさんを誘い、3年ぶりに向かったのだが、盛りは過ぎていたのか肩すかしを喰らった感が否めない。
それでも、全く登山者が入った形跡のない静かな山を楽しめた。

もっとも、アスリートとして大変優秀なEi-taroさんだが、川の遡上や登山道のない斜面をルートファインデングしながら、また笹やハイマツを漕いで頂上を目指す山はまだ経験が浅いらしく、一寸戸惑いを感じた南白老岳だったかも知れない。
(何度も道迷いをしている私が偉そうに書いているけれど(^^;))

だが、頂上手前のハイマツ漕ぎは僅か20mほどで、2年前の境山の時とは比べものにならないくらい軽いものだから、もう少し(あと70mくらい)頑張れば未踏の山頂で達成感を味わう事が出来たのではないかと、それが些か残念に思う。

山行記録
入渓地点10:56→斜面取りつき11:25→頂上12:20~12:25→斜面取りつき12:58→入渓地点13:29
f0138096_13423912.jpg

入渓地点近くに駐車スペースがないので2,300mほど歩いて三階滝川へ。正面に南白老岳
f0138096_1342574.jpg

川の淵を歩いたり浅いところでは川の中を歩いたり
f0138096_1343639.jpg

30分ほど遡上して、急斜面の沢地形から取りつく
f0138096_13431355.jpg

最初はガレ場
f0138096_1343214.jpg

背丈ほどの笹藪に突入するEi-taroさん
f0138096_13432893.jpg

この斜面は(私には)登れる限界に近い。場所によっては岩や枝をつかんだり草の根を押さえる様にしてほぼ四つん這いでよじ登る。奥にホロホロ山と徳舜瞥山が見える
f0138096_13433638.jpg

反対側には樽前山が見える
f0138096_13434447.jpg

稜線上に立つEi-taroさん
f0138096_13435191.jpg

南白老岳の頂上標識。3年前にはなかったと思う
f0138096_1344082.jpg

頂上から朝登ってきたホロホロ山と徳舜瞥山
f0138096_13441421.jpg

頂上から路肩の駐車スペースに停めた私の車が見える
f0138096_13442291.jpg

ハイマツが覆っていて狭い稜線を下山するEi-taroさん。正面に白老岳、左に恵庭岳、右に樽前山
f0138096_13443469.jpg

GPSの軌跡。写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2014-10-08 06:35 | Comments(2)
Commented by Ei-taro at 2014-10-08 18:50 x
tarumae-yamaさん


勉強になります!<(_ _)>

この短い距離の中に、川原、渡渉、笹漕ぎ、急峻な登り、そして這松漕ぎ。

変化に富んでおり・・・ ピリリとした山歩きでした。 



その他 : 今日は月食なので、手持ちでなんとなく撮影したりしています。

tarumae-yamaさんは、星空の撮影などはいかがなのでしょう。

今度、是非お聞かせ下さい。
Commented by tarumae-yama at 2014-10-09 16:37
Ei-taroさん
実は、三階滝の紅葉を観て、きっと南白老岳への川の両側も素晴らしいだろうと思い、お誘いしました。
でも、それ程ハードでもないし、登山者にはまず会わない自然一杯の良い山だと思います。

私も皆既月食を手持ちで撮りましたが、普段星などの撮影は全くしません。
星景写真を撮る人の大変さを見るにつけ、怠惰な私にはとても無理です。
名前
URL
削除用パスワード
<< ベニテングタケ ホロホロ山と徳舜瞥山、10月... >>