チトセバイカモ

今、千歳川で白い花を咲かせているチトセバイカモ。
ウィキペディア」によると、バイカモの変種で千歳川で初めて採取されたことに由来した名前らしい。
だが、現在水辺環境の悪化で北海道のレッドデータブックで希少種に指定されているという。

昔から当たり前のように眺めていたけれど、今ではとても貴重な水草であるらしい。
f0138096_15482423.jpg

水面から顔を出して咲くチトセバイカモ
f0138096_15515214.jpg

水面より僅かに下で咲くチトセバイカモ
f0138096_1556196.jpg

全て水中で咲いている
f0138096_15562860.jpg

同上。水中からの撮影。オリンパスの防水カメラTG-850で6月25日の撮影
by tarumae-yama | 2014-06-26 07:11 | | Comments(5)
Commented by クマ妻 at 2014-06-26 15:11 x
色味がまるでモネの絵画のようです〜。
Commented by tarumae-yama at 2014-06-26 21:56
クマ妻さん
モネは有名なものしか知らないので慌ててネットで見ましたが、随分作品が多いのですね。
最後の写真に似ているような色味のものがありました。

37時間ものフェンスのペンキ塗り、本当にお疲れ様でした。
Commented at 2018-01-17 10:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-01-17 10:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2018-01-17 20:34
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。
コンデジで撮った私のへたくそな写真でも使えるのなら、喜んで提供します。
どの写真を使ってもかまいません。
ただ、どのようなものに使ったのか教えていただければ嬉しいです。
無理強いはしませんけれど。
名前
URL
削除用パスワード
<< ニホンカワトンボ 羊蹄山の花、6月23日 >>