人気ブログランキング |

スノーシューのアメリカンホック

TUBBSのスノーシューのビンディングに使われているアメリカンホック(のメス部)が、使用中に取れてしまった。
ホックを使わず、つま先部分のベルトを長くしたまま歩いていて片方のスノーシューで踏んづけたとき、多分もぎ取ってしまったのだろう。

このホックは、ベルトを踏みつけないための大切な役目をすると、なくしてから理解できた。
そんな訳で、修理しようとしたものの、フックプライヤーなど専用器具を持っていないため、「イオン」内の靴の修理やスペアキー等を作ってくれるサービスコーナーに持ち込んだ。

メス部だけの取付で良かったのだが、同じサイズのものがなかったため、オス・メスの両方を取り替えたけれど、その場で修理してくれ、料金も案外安かった。
スノーシューのアメリカンホック_f0138096_13295771.jpg

右足用スノーシューの正常なアメリカンホック
スノーシューのアメリカンホック_f0138096_15282782.jpg

「イオン」の修理コーナーで。ベルトの白い円内に取れたホックの跡
スノーシューのアメリカンホック_f0138096_13301673.jpg

新しくホックが取り付けられた。おニューのメス部とすぐ右隣りに今まで付いていたホックの跡(穴)が見える
by tarumae-yama | 2014-01-27 07:06 | アウトドア | Comments(2)
Commented by snufkinjr at 2014-01-28 02:05 x
ご無沙汰しています.その部分は取れやすいんですよね.以前,ハンズで買ったものが,多分たくさんあったはずなので春になりますが少し差し上げますね.打ち込む道具があれば良いのですが.
Commented by tarumae-yama at 2014-01-28 20:25
snufkinjrさん
コメントを有難うございます。
ブログを夫婦で毎日の様に拝見しているのですが、こちらこそROMで申し訳ありません。

snufkinjrさんも同じスノーシューを愛用しているのは承知していましたが、ホックが取れたことがあるのですね。
春にお会い出来るのを楽しみにしています。
専用のホックプライヤーは100均ショップにありました。使い物になるかどうかまだ分かりませんが・・・・。
名前
URL
削除用パスワード
<< 我が家の除雪機、初出番 ラルマナイの滝と白扇の滝 >>