人気ブログランキング |

6月26日、樽前山のコマクサ他

樽前山を代表する花はタルマエソウとも言われるイワブクロウだろうか。
以前、十勝岳から美瑛岳に向かう途中でイワブクロウの群生を見たが、樽前山のそれも決して負けていない。

コマクサは元来樽前山に咲いていない花だったはずだが、樽前山の7合目登山口から風不死岳へ進む途中の砂礫地に数輪咲いているのを昔見た事がある。
誰かが植えたとのことで、今そこは環境省によってすっかり抜かれてしまった。

今回撮影したコマクサは樽前山の稜線上の2カ所に咲いていたものだが、他にもう1,2カ所あるようだ。
これらも、樽前山でもコマクサをという確信犯?のやったことなのだろう。

高山植物の女王と讃えられるコマクサが、樽前山で群生になっているところを見ることが出来るならとても素晴らしいことと個人的には思うのだが、それを良しとしない人達や関係機関との間でいたちごっこをやっているらしい。

追加の写真を1枚。小樽のAさんが19日大雪山に行ったときの写真を夜メールで送ってくれた。暑中お見舞い?として
6月26日、樽前山のコマクサ他_f0138096_13565397.jpg

6月26日、樽前山のコマクサ他_f0138096_1357619.jpg

6月26日、樽前山のコマクサ他_f0138096_13572081.jpg

登山道からちょっと外れて咲いているコマクサ。
6月26日、樽前山のコマクサ他_f0138096_1357338.jpg

近くで白いコマクサも。昨年咲いていた場所と違っていて10分くらい丹念に捜してやっと見つけた
6月26日、樽前山のコマクサ他_f0138096_13575799.jpg

5月中旬以降の不順な天気に開花が昨年より遅れているイワブクロウ。登山道に2輪咲いていた
6月26日、樽前山のコマクサ他_f0138096_1358824.jpg

マルバシモツケも遅れ気味だろうか?
6月26日、樽前山のコマクサ他_f0138096_13582770.jpg

西山で見たコケモモ
6月26日、樽前山のコマクサ他_f0138096_13584240.jpg

羊蹄山方面は霞んでいたが、苫小牧市街はよく見えた。西山稜線の取り付き辺りから
6月26日、樽前山のコマクサ他_f0138096_1359071.jpg

東山と西山を結ぶ稜線上にある樽前神社の奥宮。その先に苫小牧市街と太平洋。小さくフェリーも見える
6月26日、樽前山のコマクサ他_f0138096_22425648.jpg

Aさんが6月19日大雪山で撮影したもの
by tarumae-yama | 2011-06-28 14:11 | | Comments(6)
Commented by yah-_-yah at 2011-06-28 18:21
コマクサ。
どこかで見たページで、「せっかくこの場所が気に入って住み着いてくれたのに」と残念がる声を見かけたことがあります。
在来種以外は排除するという考えもわからなくはないので、どちらがいいのかは何とも言えません。

ただ、その方の表現の仕方が可愛らしいと感じました。
「せっかくこの場所が気に入って、どんどん増えてくれたんだから」
と。

確かに色鮮やかで可愛らしいので、群生になったら見事な景観でしょうね。
Commented by tarumae-yama at 2011-06-28 23:06
yahさん
確かに、「せっかくこの場所が気に入って住み着いてくれたのに」という思いには同感です。
方針が変わって、コマクサを認めてくれたら、適地だと思うので一気に増える可能性はあるかも知れません。
そんな光景が見られたならどんなに感動することか。
Commented by okko at 2011-06-29 10:09 x
樽前はお鉢まわりをしただけで、風不死に足をのばしたことはありません。苫小牧がこんなにはっきり見えるのですね~。
固有の種は大切にそだてたいものです。
当時はまだ、ブログなんてやっていませんでしたけど、今だったら、また違う目で、写真も沢山撮っていただろうと思います。
前記事も、懐かしく拝見いたしました。
Commented by tarumae-yama at 2011-06-29 14:56
okkoさん
風不死岳は、一般コースだと途中くさり場があったり笹被りがあったりで案外としんどい山ですが、支笏湖の眺望は樽前山より上かも知れません。
樽前山のお鉢まわりは、私も大好きです。アップダウンが少ない上に噴煙を上げる迫力あるドームがたえず見えること、花もあってとても良いコースだと思います。
これからの時期、湿った南風が多く入るので苫小牧がこれほどクッキリ見えるのは珍しいことです。
Commented by マンタン at 2011-06-29 21:30 x
ずいぶん昔、八ヶ岳でコマクサを見ました、その時はロープで保護されていたと思います。
もし、コマクサが絶滅寸前でしたら、樽前山のコマクサは貴重な存在になるかも知れませんね。
樽前山のコマクサは生態系にどのような影響を与えるのでしょう、悪影響があるならば考える必要もありますが・・・
共存できるならばうまく管理する手もありますね。
久々にコマクサを見たくなりました・・・

妻楊枝さん、いつもコメをありがとうございます。
Commented by tarumae-yama at 2011-06-30 00:06
マンタンさん
ご無沙汰しています。
何時も美しい写真に見とれています。

コマクサの件、在来種でありませんから、環境省の見解として排除しようと言う見解なのでしょうね。
仲良く共存できるなら本当に嬉しい事ですが。

コマクサは赤岳の駒草平が有名ですが、白雲小屋から忠別岳方面へ30分ほど進んだところにも密集してありました。ここもお薦めです。

家内はマンタンさんのファンなのでコメントするのが楽しみのようです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 消防訓練 6月26日、樽前山のイワヒゲ-... >>