人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10ー同行者からの写真ー

恵庭岳に声をかけてもらったウッチさんから送られてきた写真を紹介しようと思う。
 ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10ー同行者からの写真ー_f0138096_12514652.jpg
 ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10ー同行者からの写真ー_f0138096_12514700.jpg
 ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10ー同行者からの写真ー_f0138096_12514769.jpg
 ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10ー同行者からの写真ー_f0138096_12514764.jpg
 ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10ー同行者からの写真ー_f0138096_12514782.jpg
 ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10ー同行者からの写真ー_f0138096_12514802.jpg
 ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10ー同行者からの写真ー_f0138096_12514855.jpg
 ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10ー同行者からの写真ー_f0138096_12514831.jpg
 ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10ー同行者からの写真ー_f0138096_12514931.jpg
 ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10ー同行者からの写真ー_f0138096_12581383.jpg


# by tarumae-yama | 2022-05-16 07:50 | 北海道100名山 | Comments(0)

ミドリニリンソウ他

昔からお世話になっている隣町の歯科医院に治療で通っている。
この町の公園は、野鳥や野草が沢山見られて地元市民以外にもよく知られているらしい。

今望遠レンズを持っていないので、野鳥を捕る、もとい、撮ることは全くないのだが、ザゼンソウや福寿草などの花は毎年ブログで紹介している。

この日も歯科医院に行く前に公園に寄ってみた。
丁度ニリンソウが見頃を迎えて、その花の広がりは圧巻だった。

予約時間が迫っていたので、ゆっくりじっくりミドリニリンソウを探す余裕はなかったけれど、なんとか見つけることが出来て良かった。
ミドリニリンソウ他_f0138096_10273209.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10273287.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10273186.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10273171.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10273130.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10180093.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10180121.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10180117.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10180173.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10180120.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10180277.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10254404.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10180212.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10180005.jpg
ミドリニリンソウ他_f0138096_10180063.jpg
全て2022年5月9日の撮影

# by tarumae-yama | 2022-05-15 07:52 | | Comments(0)

ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10

ウッチさんから恵庭岳のお誘いがあった時、北東尾根を登りポロピナイコースへ下りませんかと提案したのだが、同行者が歩いたことのないポロピナイコースで登りたい希望があると。

まあ、今年11回目の恵庭岳だけれど、それまでは全て北東尾根からだったし、この時期のポロピナイコースなら花に出会えるだろうと思い参加させてもらった。

4合目を越えると残雪が目につくが、健脚の同行者の最後尾から踏み跡をひいこらいいながら辿った。
稜線や各ピークはすっかり登山道が出ていて、我々は軽アイゼンすら使わなかった。

登山口近くではスミレが咲いていて、3合目辺りではツバメオモトが数株あったものの、まだ固い莟状態だった。
日当たりの良い第1見晴台の岩場では、コメバツガザクラが沢山咲いていて目を楽しませてくれた。

日帰り温泉には間に合わなかったけれど、晴天と眺望とにこやかな同行者に恵まれ一日楽しんだ恵庭岳だった。

写真の上でクリックすると大きくなります。
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20384132.jpg
登山ポスト前で、同行者
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20384182.jpg
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20384108.jpg
第1見晴台到着
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20384147.jpg
同上。前方に本峰の頂上岩頭
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20384220.jpg
第1見晴台のコメバツガザクラ。ピンクのストライプ入り
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20384250.jpg
第2見晴台の手前
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20384232.jpg
天狗岩
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20384223.jpg
同上
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20384003.jpg
頂上岩頭の基部から。右端にすっかり雪がなくなったオコタンペ山
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20384007.jpg
ジャンダルムから、左上に西峰。エメラルドグリーンのオコタンペ湖がきれい
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20411337.jpg
中央に余市岳
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20411478.jpg
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20411426.jpg
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20411428.jpg
頂上から、支笏湖と風不死岳、樽前山
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20411421.jpg
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20411586.jpg
本峰から、ジャンダルムの左からよじ登るりいなさんとあみあむさん
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20411545.jpg
りいなさんとあみあむさん
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20411571.jpg
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20411553.jpg
本峰の真の頂上へ
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20411311.jpg
頂上から、バリエーションルートを偵察中のウッチさん
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20421172.jpg
どんどん崩落していく頂上
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20421100.jpg
最近、ロープの横に鎖が取り付けられた
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20421215.jpg
頂上直下で昼食のメロンパンを持って
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20421261.jpg
下山時、最大の核心部をつぼ足でトラバース
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20421270.jpg
第2見晴台のケルン
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20421230.jpg
第1見晴台を下山中の同行者
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20421389.jpg
莟を持ったツバメオモト
ポロピナイコースから快晴の恵庭岳、2022.5.10_f0138096_20421111.jpg
もう数分で登山口の駐車場


# by tarumae-yama | 2022-05-14 07:22 | 北海道100名山 | Comments(2)

アズキナを採っておひたしに

先日近くの林でアズキナ(ユキザサ)を採り、おひたしにして美味しく食べた。
仏壇の妻にお供えをした上で。

アズキナのことをネットで調べると、トップに堀田清さんの解説記事が出てきた。↓
実は11年前のブログで、堀田清さんを紹介している。↓


今、改めて堀田さんの生い立ちや、略歴、写真歴を見ると、本当に凄い人なのだと分かる。
彼のブログは、新しいタイトルで再スタートしたようだが、丹念に読むと、読者は植物の専門家になれるかも知れない。
植物の写真も本当に素晴らしく、本を出版したり写真展を開いたりしているくらいだから、腕前もプロそのもの。
アズキナを採っておひたしに_f0138096_18321152.jpg
アズキナ。堀田さんの説明では、東北や北海道では豊富にあるけれど、本州の南の方では標高1500m以上にしか見られず、登山家しか食べられない貴重な植物であるらしい
アズキナを採っておひたしに_f0138096_18321149.jpg
アズキナのおひたし


# by tarumae-yama | 2022-05-13 07:18 | 食べ物 | Comments(0)

コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11

4月30日以来の樽前山。
お花畑コースにも東山コースにも所々残雪があるけれど、最大の核心部だった東山コース上外輪分岐までの雪渓のトラバースは、雪解けが一気に進み登山道が全て出ていて、10日ほど前の緊張はうそのようだった。

コメバツガザクラは、あちこちで開花していたけれど、まだ花が小さくてストライプ入りの花を見つけるのは難しかった。
イワヒゲは莟すらつけていなかったものの、ミネヤナギは花をつけだした。
だが、まだまだ淋しい開花状況で、17日か18日頃再訪してみようと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22053078.jpg
コロコロさんは5合目のゲートまで車、私は電動アシスト自転車を使って合流。5合目から砂利道を徒歩で
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22053039.jpg
東山コースの階段部分まで所々残雪があるが、つぼ足でOK
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22053073.jpg
4月30日に登った時はここの雪渓のトラバースに緊張したものだが、今登山道から雪が消えている
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22053020.jpg
外輪分岐から東山へ
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22053152.jpg
溶岩ドームの右に羊蹄山。昨日の恵庭岳で見た羊蹄山より少し霞んでいる
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22062710.jpg
東山の頂上目前。頂上の左に風不死岳
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22062736.jpg
東山に到着のコロコロさん
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22062702.jpg
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22062729.jpg
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22062714.jpg
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22062898.jpg
コメバツガザクラを入れて溶岩ドーム
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22062885.jpg
錦岡コース上に登山者が3人?見える
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22062847.jpg
西山に到着
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22062953.jpg
西山からズームで羊蹄山、左に尻別岳
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22062687.jpg
錦岡コースから西山にやってきた登山者は、頂上直下にある雨量計の点検整備に来たと
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22073643.jpg
ナガバツガザクラはまだ開花までしばらくかかりそう
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22073558.jpg
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22073521.jpg
分岐からお花畑コースへ
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22073506.jpg
中央に東山の頂上部
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22073570.jpg
ミネヤナギを入れて東山の斜面
コメバツガザクラやミネヤナギが咲き出した樽前山、2022.5.11_f0138096_22073676.jpg
5合目のゲートまで戻ってきた


# by tarumae-yama | 2022-05-12 07:27 | 樽前山 | Comments(8)